WRINKLE

しわ

ジュベルック(Juvelook)

ジュベルックはポリ乳酸(PDLLA:Poly-DL-lactic acid)という成分の薬剤です。 ポリ乳酸にはコラーゲン生成を促進する働きがあり、肌質改善やニキビ跡治療、肌のハリやツヤ、毛穴の開きやたるみなどのお悩みがある方に向いています。
注入後は1年〜2年かけてゆっくりと体内に吸収されるため持続的な効果がある点も特徴の1つです。

米国食品医薬品局(FDA)や韓国食品医薬品安全庁(KFDA)などの機関では、ジュベルックは手術用縫合糸などの用途で承認されている安全性の高い成分です。近年、韓国では美容施術の用途としても注目があります。
※ FDAやKFDAは日本の厚生労働省にあたる機関です

ジュベルックがおすすめの方

  • ・肌質を改善したい
  • ・ニキビ跡を改善したい
  • ・眉間やおでこのシワが気になる
  • ・毛穴を引き締めたい
  • ・肌のたるみが気になる
  • ・ヒアルロン酸注射やボトックス注射に抵抗がある

ジュベルックの特徴

副作用が少ない

ジュベルックはポリ乳酸(PDLLA:Poly-DL-lactic acid)という成分で作られていますが、同じカテゴリのポリ乳酸(PLLA:Poly-L-lactic acid)を使ったスカルプトラとマックームがあります。

スカルプトラは10年以上前から主にアメリカで使用されたヒアルロン酸ではないフィラー製剤です。顔や皮下組織に直接注入することでヒアルロン酸のような効果を出せることが特徴ですが、尖った形の粒子構造となっている為、注入部位の周辺にある細胞にも刺激が強く、代表的な副作用として皮下のしこりがありました。

マックームはポテンツァに使用される薬剤です。ポテンツァに備わっているドラックデリバリーシステムを利用して均一な注入ができるため、スカルプトラで起こりやすかったしこりの副作用がなくなりました。
しかし、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)の認可が下りていない為、皮膚に直接注入することができません。

ジュベルックとスカルプトラやマックームとの大きな違いは成分構造です。
スカルプトラは粒子の構造が結晶体となっています。肌に注入した後、その結晶体の構造が原因で周囲の細胞に過度なダメージを与えてしまい、しこりなどの副作用が起こりやすい可能性があります。
一方で、ジュベルックは粒子の形が丸型になるように作られています。周囲の細胞に過度なダメージを与えにくいような構造となっており、肉芽形成やしこり(皮下硬結)といった副作用が少なくなりました。

持続的な効果がある

注入後は1年〜2年かけてゆっくりと生体内で水と二酸化炭素に分解されていきます。ジュベルックは従来のヒアルロン酸注射と比較して、ポリ乳酸による効果の持続性が期待でき、長期間にわたって肌の状態が良好に保たれます。

局所注射ができる

マックームはポテンツァ専用の薬剤です。
薬剤の分だけコラーゲンが生成されますが、マックームは局所注射が認められていません。
しかし、ジュベルックは局所注射にも対応できるために局所的なお肌の悩みにも向いています。線維芽細胞そのものを増殖し、さらに若返らせることが出来ます。若返った線維芽細胞がさらにコラーゲンを新生させることが出来ます。

具体的には、局所注射により
・ニキビ跡・傷跡の凹み
・ひたい、目の下、首のボリューム改善や小じわ
・鼻や頬の毛穴
などの悩みに対応できます。

高い安全性

ジュベルックは日本の厚生労働省にあたる米国食品医薬品局(FDA)や韓国食品医薬品安全庁(KFDA)などで承認されており、安全性が高い注入治療となっています。

ジュベルックの施術

当院のジュベルック施術では「ポテンツァのドラックデリバリーを利用した注入」と「局所注射での注入」、「水光注射での注入」の3種類となります。

ジュベルックをポテンツァで注入する場合

ポテンツァのドラッグデリバリーを利用した施術では、以下のような効果を期待できます。
・RF照射の熱による肌細胞の活性化
・マイクロニードルによる創傷治癒効果
・真皮層へ均一に注入されることによる産生促進

ポテンツァでジュベルックを注入することで、ジュベルック自体の効果に加えて、ポテンツァによるさまざまな働きも期待できるため、肌全体に複数のお悩みがある方には、ポテンツァを使用した施術がおすすめです。

局所注射で注入する場合

特定の気になる部分にだけ注入したい時には、局所注射がおすすめです。
症状やお悩みに合わせて適切な注入量を調整するため、患者様の症状やお悩みに合わせた施術に対応しやすくなります。
ニキビ跡や傷跡の小範囲から顔全体の注射(広範囲)まで、幅広く対応が可能です。
施術料金も治療範囲に合わせて調整をします。

水光注射で注入する場合

水光注射では肌全体の毛穴、小ジワ、肌のハリ・ツヤ・ニキビ跡治療に効果が期待できます。
線維芽細胞が刺激されコラーゲン生成が促進され、何度か施術を行うことで肌質の改善などの効果が期待できます。

現在の肌状態やお悩みに合わせて、医師が適切な施術方法をご提案しますので、ジュベルックについて気になる方は当院までご連絡ください。

ジュベルックの施術概要

施術時間約20~60分間
痛み施術部位により、ちくっとした軽い痛みや注入時に鈍い痛みがあります。 表面麻酔も可能です。
ダウンタイム内出血が起こることがあります。内出血は2週間程度で徐々になくなります。
注意事項施術部位は擦ったり、刺激しないように注意してください。治療6時間後からメイクが可能です。洗顔は直後から、患部を擦らないように可能、シャワー入浴は当日から可能です。
副作用内出血、赤み、ごく稀に硬結など
施術頻度1ヶ月に1回の頻度で3回ほど治療を受けていただき、その後は1年に1回のペースを維持していただくのがおすすめです。
施術後の
注意事項
・治療当日からシャワーや入浴は可能です。治療6時間後からメイクが可能です。
・腫れや赤みが出ることがありますが1~3日程度で落ち着きます。
・治療後の肌は紫外線の影響を受けやすいため、紫外線対策をしっかり行ってください。

症例写真

ジュベルック3回症例

ジュベルック(3回)
※自験例ではございません

料金


※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。



副作用

ジュベルック

内出血、赤み、ごく稀に硬結など

ポテンツァ

赤み、むくみ、乾燥、発疹、一時的な肌荒れなど

水光注射

赤み、腫れ、内出血、熱感、ほてりなど

注意事項

  • 施術部位は擦ったり、刺激しないように注意してください。治療後6時間はファンデーションの使用をお控えください。シャワーや入浴が翌日から可能です。施術部位のマッサージは1週間後から可能です。
  • 血行が良くなること(エステやサウナ、激しいスポーツ、大量の飲酒など)は1週間程度お控えください。
  • 既住歴、現病歴、手術歴、使用中・服用中のお薬について、妊娠・授乳・出産について、アレルギー、その他お体で心配なことがございましたら、必ず事前にご申告ください。
  • 1ヶ月以内に注入部位への美容整形を行った場合は申告してください。

以下の方は施術を受けられません

ジュベルック

  • 妊娠中・授乳中の方
  • ガン治療中、治療後3ヶ月以内の方
  • 皮膚ガン、ヘルペスの方
  • ヒアルロン酸注入でアレルギー症状が出る方
  • アナフィラキシーショック既往の方
  • 治療部位に皮膚疾患や感染症のある方
  • 膠原病の方
  • 重度の糖尿病の方

ポテンツァ

  • 心臓ペースメーカーなど埋め込み型医療機器を体内に埋め込んでいる方
  • 治療部位に金属糸、金属プレート、プロテーゼなどを入れている方
  • 心臓疾患の方
  • 出血性疾患の方
  • 局所麻酔薬、抗生物質または、その他の薬に対するアレルギーがある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 皮膚炎、単純ヘルペスが出ている方
  • 金属アレルギー、ケロイド体質の方

水光注射

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 治療部位に傷跡や化膿・感染症の皮膚疾患がある方
  • 皮膚に炎症のある方
  • ケロイド体質の方
  • 極度に皮膚が敏感な方

※詳細につきましては医師にご相談ください。

治療の流れ

カウンセリング

医師の診察

お悩みや肌状態を確認してから、患者様に合った治療方法をご提案いたします。

洗顔

洗顔・クレンジング

治療前に肌を清潔に保つため、洗顔やクレンジングを行っていただきます。

施術

施術

肌に麻酔を塗布します。
麻酔の効果が確認できたら、施術を開始します。

アフターケア

アフターケア

施術後、アフターケアについてご説明いたします。
肌が敏感な状態になっていますので、強く擦ったりはしないでください。また当日のメイクはお控えください。

監修者

  • 院長

    表参道本院院長、ANEX院長

    上原 義史

    Yoshifumi Uehara

    得意な施術

    2011年 東京医科大学卒業
    横浜旭中央総合病院にて研修
    2013年某大手美容クリニックにて
    美容外科・美容皮膚科を研鑽
    2015年 某大手美容クリニック
    副院長に就任
    2016年 某大手美容クリニック
    院長に就任
    渋谷、新宿、神戸、心斎橋に
    美容クリニックを立ち上げる
    2019年 SELECT CLINIC
    表参道院 院長に就任
    2023年 SELECT CLINIC
    表参道院 院長 ANEXに就任
    • 日本美容外科学会
  • 統括院長

    代表理事 統括院長

    安藤 充史

    Atsushi Ando

    得意な施術

    2011年 東京医科大学卒業
    横浜旭中央総合病院にて研修
    2013年 某大手美容クリニックにて
    美容外科・美容皮膚科を研鑽
    2014年 某大手美容クリニック
    院長に就任
    2015年 某大手美容クリニック
    院長に就任
    渋谷、新宿、神戸、心斎橋に
    美容クリニックを立ち上げる
    2019年 SELECT CLINIC 院長に就任
    2020年 SELECT CLINIC 大阪院
    院長に就任
    • 日本美容外科学会
  • 技術統括責任者

    新宿院 院長

    前田 進太郎

    Shintaro Maeda

    得意な施術

    2011年 東京医科大学卒業
    東京医科大学病院にて研修
    2013年 某大手美容クリニックにて
    美容外科・美容皮膚科を研鑽
    2015年
    2018年 某大手美容クリニック
    院長に就任
    日本美容外科学会専門医(JSAS)取得
    2020年 SELECT CLINIC
    技術統括責任者に就任
    2022年 SELECT CLINIC 新宿院
    院長に就任
    • 日本美容外科学会
      美容外科認定専門医
  • 新宿院 院長

    銀座院院長

    大岩 宏維

    Hirotsuna Oiwa

    得意な施術

    2011年 東京医科大学卒業
    東京医科大学病院にて研修
    2013年 東京医科大学病院
    形成外科入局
    大学病院及び関連病院にて研鑽
    2018年 筑波記念病院 形成外科
    診療科長就任
    2019年 プリモ麻布十番クリニック
    美容外科・皮膚科
    翌年副院長に就任
    2023年 SELECT CLINIC 銀座院
    院長に就任
    • 日本形成外科学会 認定専門医
      日本美容外科学会(JSAPS) 認定専門医
      日本美容外科学会(JSAS) 正会員

その他 肌の診療

表参道院

東京都渋谷区神宮前5-6-5
 Path表参道 A棟2階 表参道ルイヴィトン裏手

大阪茶屋町院

大阪府大阪市北区茶屋町5-8 MEFULL茶屋町3・4階

新宿院

東京都 新宿区新宿3-5-3 高山ランド会館3階

銀座院

東京都 中央区銀座5-12-6 CURA GINZA 2階

当院は、CRF公式認定機関です。

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.