表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

【医師解説】目の下や目尻にボトックスを打つと上手く笑えないって本当?

「ボトックス注射を試してみたいけれど、副作用が心配…」という方は多くいらっしゃいます。

ボトックス治療で上手く笑えなくなる、顔がこわばるなどの副作用は本当に起こるものなのか気になりますよね。

この記事では、ボトックス注射のメカニズムや気になる副作用について解説します。

ボトックスによるシワ治療を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

 

▶︎ボトックスに関する料金を知りたい方はこちら

表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニック |

表参道の美容皮膚科「セレクトクリニック」お肌のお悩みを解決するための治療や美容整形・外科治療から医療痩身・ダイエットのお…

 

 

そもそもボトックス注射とは?

シワ治療のなかでも有名な施術のひとつである「ボトックス注射」ですが、そもそもどのようなメカニズムでシワやほうれい線に有効なのか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌より抽出したタンパク質の一種である「ボツリヌストキシン」を利用した治療法です。

このボツリヌストキシンには、神経伝達物質である「アセチルコリン」の分泌を阻害する働きがあり、これまでも顔面神経麻痺や筋肉の痙縮などの治療に利用されてきました。

美容医療においては、こうした筋肉の働きを抑制する効果を活かし、表情筋の動きに関係する「表情ジワ」の治療に使用されることが多いです。

 

また、筋肉の過剰な発達が原因であるエラやふくらはぎの縮小、多汗症やわきがの治療にも応用されています。

シワ治療にボトックス注射というと「表情がなくなるのではないか」という不安を持つ方も多いです。

しかし、基本的にボトックス注射は安全性の確立された治療法であり、これまで重篤な副作用の報告もありません。

とはいうものの、薬剤の注入量や摂取部位が適切でなければ、十分な効果を発揮できないばかりか「目が開けづらい」「表情が不自然になった」などの思わぬ副作用を引き起こす可能性があることは、十分認識しておいた方が良いでしょう。

 

目尻や目の下にボトックス注射を打つと上手く笑えない?

ボトックス注射において、もっとも気になるのが「上手く笑えなくなる」などの副作用の危険性でしょう。

ボトックス治療はその人の筋肉の付き方や症状に合わせて注入するという、非常に繊細な技術が求められる治療法でもあります。

特定の部位にばかり注射したり、注入量が多かったりすると顔に違和感が出る危険性が高まります。

特に女性が気になる目尻のシワや目の下のシワ、眉間などを治療する場合は、細心の注意が必要です。

場合によっては「眉毛下垂」や「眼瞼下垂」のような症状を引き起こしてしまう可能性があるからです。

 

しかし、繰り返しになりますがボトックス注射は適切な方法で使用すれば、それほど副作用を恐れる必要はありません。

気になる目尻や目の下の治療に関しても、適切な施術であればナチュラルな笑顔を保ったまま仕上げることは十分可能です。

むしろ治療したことで目の印象が強調され、より若々しく表情豊かになったと感じる場合もあります。

ボトックス注射の効果を十分に発揮させるためには、豊富な経験と技術を持った、信頼できる医師のもとで施術を受けることが大切です。

そのためには、担当の先生と十分相談してから治療を受けることをおすすめします。

 

当院のボトックス注射について

セレクトクリニックにおけるボトックス治療の特徴についてご紹介します。

 

値段と量

当院のボトックス注射の価格と量は以下の通りです。

 

 

目尻や目の下はそれぞれ10単位となります。注射針1本が20単位なので半分の量です。

ただし、必ずしも10単位分使用するのではなく、患者様にあった分だけ注入する形になります。

少ない量だとしっかり効果を実感できない可能性もありますが、逆に注入し過ぎると笑顔が不自然になってしまうなどの副作用が起こるかもしれないため、当院では少量からの注入を推奨しています。

 

種類と特徴

当院で使用している薬剤は2種類です。

 

Botox Vista(ボトックスビスタ)

アメリカのアラガン社製造のA型ボツリヌス毒素製剤です。

表情シワの治療を中心に使用されている薬剤ですが、特に眉間と目尻の表情ジワの治療に関しては国内で唯一厚生労働省の認可を受けています。

そのため、多くの美容皮膚科医や美容整形外科医の間で使用されています。

 

ボツラックス

美容において、主に表情ジワの改善効果で⼈気の⾼いボツリヌストキシン製剤。

ボツラックスは厚⽣労働省認可で著名なボトックスと同様のA型ボツリヌストキシン製剤で、韓国ヒューゲル社製の製剤です。

KFDA(韓国⾷品医薬品安全庁)に医薬承認されており、効果と安全性を認められています。

 

持続期間と通院頻度

使用する薬剤の種類によって、効果の持続時間が異なります。

個人差もありますが、ボトックスビスタは4ヶ月から6ヶ月程度、リジェノックスは3ヶ月程度です。

効果を持続したい場合は、基本的には効果が切れてから繰り返し通っていただく形になります。

 

施術後の経過

シワ治療に関しては、施術してから効果が実感できるまで早い方で3~4日、通常は1週間から10日程度かかります。(治療箇所によって異なります)

注射後は接種部位に赤みや腫れ、内出血が生じる場合もあります。これらの症状は通常2~3日、内出血は1週間程度で自然に消失していきます。

人によっては、目やおでこ周辺の施術で軽度の頭痛、目の重い感じ、まぶたが腫れぼったいなどの症状が現れる場合があります。

また、それ以外の部位でもこわばりや引っ張られる感覚が続くことがありますが、いずれも3週間程度で気にならなくなることがほとんどです。

また、こうした症状を悪化させないためにも、施術当日の激しい運動や飲酒、入浴は避けることをおすすめいたします。ただし、シャワー浴やメイクは当日から可能です。

 

 

 

【目尻・目の下】ボトックス注射の症例写真

※目尻ボトックス(上:施術前、下:施術後)

 

※目尻ボトックス(上:施術前、下:施術後)

 

※目尻ボトックス(左:施術前、右:施術後)

 

※目尻ボトックス(上:施術前、下:施術後)

 

ボトックス注射の副作用が怖い方は水光注射がおすすめ!

ボトックスによる副作用が心配な方や、ボトックス注射をするほどでもないけど小シワを改善したい、という方には「水光注射」をおすすめしています。

 

水光注射とは

水光注射とは、ボトックスやビタミンC(アスコルビン酸)、レジェノックス、ベネブなどの美容成分をお肌に直接注入する治療法です。

(※ビオチン(ビタミンB7)、フラビタン(ビタミンB2)、プラセンタ、トラネキサム酸も追加可能。各5,000円(税抜))

 

真皮の浅い部分に薬剤を注入し肌のコラーゲン生成を促すことで、皮膚のハリやキメを整え、乾燥や小じわなどを改善に導きます。

針のついたスタンプ状の器具で一気に薬剤を注入するため、多少チクチクとした痛みを感じますが、傷も少なくほとんどダウンタイムは必要ありません。

施術後は細かい「膨疹(ぼうしん)」が出ますが24時間程度で目立たなくなります。

 

ボトックス注射との併用も可能

当院では水光注射に微量のボトックスを混ぜることも可能です。

ボトックスの薬剤を入れることで、水光注射の効果にボトックス注射の効果をプラスすることができます。

本来のボトックス注射ほどの強い効果はないものの、目尻や目の下のシワの改善が期待できます。

また、ボトックスの量自体は微量なため「笑えなくなる」などの副作用の可能性を減らすことにもなります。

 

よくある質問

ここからは目元のボトックスについてよくある質問に回答していきたいと思います。

Q:ボトックス注射は麻酔なしでも痛くないでしょうか?

A:他の注射と同じように、ボトックス注射も針を刺す時と薬剤を注入する時に痛みが生じる場合がありますが、個人差があります。我慢できないほどの痛みではありませんが不安な方はカウンセリング時にご相談ください。

 

Q:ボトックス注射は体に安全な物ですか?

ボトックス注射は眼瞼痙攣などにも使用されている厚生労働省認可の製品ですので、体にとって安全なものだと言えます。ただ、容量をしっかり守って使用されていることが大切で、美容治療の場合はしっかりとした経験と技量が必要になります。

 

Q:ボトックス注射の施術時間はどのくらいかかりますか?

A:シワの治療には1箇所当たり注入は5分程度で終了いたします。

 

Q:ボトックス注射で内出血がでることはありますか?

注射による処置であるため、100%出ないとは言い切れませんが、見える血管はさけ、万一、出血があっても素早く充分な時間、圧迫止血しますので、目立つような内出血は殆どないでしょう。

 

Q:シワは完全になくなりますか?

A:場所によっては殆ど気にならないくらいにシワが改善される場合もあれば、場所によってはほんのりハリが出るような効果の場合もあります。
ご不明な場合はカウンセリング時に医師にお尋ねください。

 

まとめ

ボトックス注射は基本的に副作用の起こりにくい施術ですが、それでも可能性はゼロではありません。

そうしたリスクを減らすには、ボトックス治療への知識や経験を持った、信頼できる医師のもとで受けることが大切です。

また、シワをなくしたいあまり、必要以上に注入治療を受けることもおすすめできません。

適切な量を守って、自分自身に合った治療を受けることがもっとも美しい仕上がりに繋がります。

 

また、「ボトックスは試してみたいけど、それでも副作用が心配」という方は、水光注射など他の選択肢も視野に入れることをおすすめします。

水光注射なら、微量のボトックスを試すという方法も可能です。

ぜひ自分の希望に合った治療法で、シワの改善を目指してください。

 

 

 

ボトックスの記事を読まれている方はこちらの記事も読んでいます

SELECT CLINIC TIPS

顔のたるみ治療といえば、切開して皮膚を持ち上げるリフトアップを想像する […]…

SELECT CLINIC TIPS

たるみや肌荒れ、シワなど年齢によって生じる肌悩みは尽きないものです。 […]…

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.