表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

下眼瞼脱脂治療の効果や治療方法は?目の下のたるみ改善について医師が解説

下まぶたの膨らみやたるみは、加齢ともに目立ちやすくなるので、疲れて見える・老けて見えると悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この下まぶたのたるみは目の下の脂肪が関係していて、生まれつき脂肪量が多い場合は若い方でも目立つことがあります。

当院では、下まぶたのたるみを解消する方法として、下眼瞼脱脂治療を行っています。

この記事では、下眼瞼脱脂治療法や目元がたるむ原因について詳しく解説していきますので、下まぶたのたるみにお悩みの方は参考にしてみてください。

 

 

下眼瞼脱脂とは

下眼瞼脱脂は、目の下にあるたるみを改善してスッキリとした目元をつくる治療法です。

目を囲む皮膚の下には眼輪筋という目の筋肉があり、その下には眼窩隔膜、さらにその下に眼窩脂肪が収まっています。

下まぶたのすぐ下にある膨らみは「涙袋」と呼ばれ、チャームポイントとして人気がある部分です。

この涙袋は、眼輪筋が発達することで目立つようになります。

目の下のたるみは「眼袋(目袋)」と呼ばれるもので、眼窩脂肪が関係しています。

たるみの影によって目の下が黒っぽく見えるものを「黒クマ」といい、年齢よりも老けて見えたり疲れて見えたりするため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

下眼瞼脱脂治療は余分な脂肪を取り除く施術法なので、目の下のたるみやクマ取り効果が期待できます。

下眼瞼脱脂には、大きく分けて「経皮法」「経結膜法」という手術方法があります。

 

【経皮法】

下まぶたの皮膚側を切開して脂肪を取り除く手術方法。

まつげのすぐ下を1cm程度切開し、脂肪を取り除いて縫合します。

施術後に抜糸が必要です。

 

【経結膜法】

下まぶたの裏側を切開して脂肪を取り除く手術方法。

下まぶたを裏返し、結膜を切開して脂肪を取り除き、吸収糸を使用して縫合します。

また、粘膜は自然治癒力が高いため、縫合しないケースもあります。

 

当院では経結膜法を採用しておりますので、抜糸の必要もなく腫れも少ないのが特徴です。

 

目元がたるむ原因

目元のたるみは眼窩脂肪が関係していますが、たるみの原因は加齢による老化と生まれつきの脂肪量が原因となっているケースがあります。

具体的に、どのようなことが原因となっているのかチェックしてみましょう。

 

加齢による眼輪筋の衰え

年齢を重ねると、目の下の皮膚や、眼輪筋、眼窩隔膜が緩んできます。

眼球は眼窩脂肪で支えているため、眼球の重みと皮膚や眼輪筋などの緩みによって眼窩脂肪が前に押し出されるのが、目の下のたるみの原因のひとつです。

 

眼窩脂肪の量が多い

眼窩脂肪の量は人それぞれ異なり、年齢に限らず目の下のたるみや影クマに悩むことがあります。

若い方でたるみが目立つ場合、生まれつき眼窩脂肪の量が多いことが原因となっているケースがあるでしょう。

余分な眼窩脂肪を減らすことで、若々しい目元に改善する効果が期待できます。

 

こんな人におすすめ

下眼瞼脱脂は、以下のような方におすすめの施術方法です。

 

  • 目の下のたるみが原因のクマを解消したい方
  • 下まぶたの脂肪取りをして、涙袋を目立たせたい方
  • 下まぶたの脂肪取りをして、目を大きく見せたい方
  • 顔が疲れて見える・老けて見えるなどの悩みを解消したい方
  • 傷跡が目立たない手術方法をご希望の方
  • ダウンタイムが少ない施術をご希望の方

 

【自己診断方法】

目の下のたるみは皮膚の緩みが原因の場合があります。

眼窩脂肪が原因のたるみでない場合は、下眼瞼脱脂以外の施術方法が適しているケースもあるため、施術前にしっかりと判断することが大切です。

自分で確認したい場合は、鏡を見ながら片方の目をつぶって、まぶたの上から指で眼球を優しく押してみてください。

押したときに目の下の膨らみがさらに目立つようになったら、眼窩脂肪の突出がたるみの原因の可能性があるでしょう。

当院では、カウンセリング時に患者様のお悩み・ご希望をお伺いし、たるみの状態をしっかりと判断して適切な治療法をご提案します。

自己診断ではたるみの原因がわかりにくい場合もありますので、たるみの原因や治療法を知りたい方は、無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

 

当院の下眼瞼脱脂手術について

当院の下眼瞼脱脂手術は、下まぶたの裏側を切開して脂肪を取り除く治療方法です。

下眼瞼脱脂手術の治療方法、ダウンタイム、注意事項について詳しく解説していきます。

 

治療方法

施術前に施術箇所をしっかりと確認し、脂肪除去のデザインをします。

局所麻酔を行った後、下まぶたの裏側(結膜側)を1cm程度切開して余分な脂肪を切除していきます。

下まぶたの眼窩脂肪は、内側・中央・外側の3つのコンパートメント(区画)に分かれているため、どの部位の脂肪をどのくらい切除すればいいのかを的確に見極めることが重要です。

もしも脂肪を取りすぎてしまうと、目の下に窪みができて老けた印象になったり、影ができてクマのように見えたりすることがあります。

脂肪を取りすぎた場合はヒアルロン酸注射や脂肪注入で修正する治療方法もありますが、完全に回復させるのは容易ではありません。

当院では、まずはそのようなことが起きないように細心の注意を払いながら、適切な脂肪量を切除する施術を行っていきます。

この手術方法は下まぶたの裏側を切開するので傷跡は目立たず、施術後に抜糸の必要もありません。

 

また、下まぶた全体の皮膚がたるんで伸びてしまっている場合、下まぶたの皮膚側を切開して余分な皮膚を切除し、引き上げて縫合する施術も可能です。

こちらの施術は1週間後に抜糸が必要になり、通常腫れは1週間程度赤みは1~2ヶ月程度で回復に向かいます。

 

ダウンタイム

下眼瞼脱脂の施術後は痛みや腫れ、内出血などが起こる場合があります。

施術中は麻酔を行うため痛みはありませんが、施術後に麻酔が切れてくると軽い痛みを感じます。

基本的に、施術後3日程度で痛みは気にならない程度になります。

腫れは 1週間程度、内出血がある場合は1~2週間程度で症状が治まり始めます。

当院の下眼瞼脱脂は結膜切開での施術になり、皮膚側を切開していないので皮膚表面に傷はありません。

そのため、施術当日から洗顔や洗髪、シャワーは可能です。

メイクも施術当日から可能ですが、目元に刺激を与えないようにアイメイクは翌日までお控えください。

 

注意事項

施術後は下まぶたの裏側に小さな傷があるので、洗顔フォームやシャンプー剤などが目に入らないように注意してください。

また、血行が良くなると腫れが強く出たり出血したりする恐れがあります。

症状が落ち着くまで、1週間程度は長時間の入浴や激しい運動、飲酒を避けてください。

出血の恐れがあるので、施術後から3ヶ月程度は目元をこすらないように注意が必要です。

 

金額

施術名  料金
下眼瞼脱脂術 (切らない目の下のたるみ取り) 298,000円 (税込327,800円)
下眼瞼脱脂術 (切る目の下のたるみ取り) 398,000円 (税込437,800円)

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

 

まとめ

下眼瞼脱脂治療は眼窩脂肪の量が多く、膨らみが目立つ方に適した治療方法です。

余分な脂肪を取り除くことで目の下が平らになってスッキリするため、たるみによるクマを改善する効果も期待できます。

「普段のスキンケアではたるみが解消できない」「たるみやクマをなくして若々しい印象の目元にしたい」など、下まぶたのたるみに悩んでいる方は下眼瞼脱脂治療をご検討ください。

また、目の下のたるみは、脂肪だけでなく皮膚がたるんでいることが関係しているケースも多いです。

当院では、下まぶたのたるみの原因に合った治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.

×