MENU

【クマ治療 】目の下のクマを改善するには?種類や改善方法を医師が解説

どんなに綺麗にメイクをしても隠し切れない目の下のクマ。

クマがあるだけで年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えたりしてしまいます。

いつまでも若々しくいるためにも改善したいものですが、どのような治療法があるのでしょうか。

この記事では、美容クリニックで行う、目の下のクマの治療法やその効果について医師が詳しく解説いたします。

 

▶︎下眼瞼脱脂に関する料金を知りたい方はこちら

表参道の美容皮膚科「セレクトクリニック」お肌のお悩みを解決するための治療や美容整形・外科治療から医療痩身・ダイエットのお悩みまでお答えいたします。無料カウンセリングのご予約もお待ちしております。

 

 

目の下のクマの種類と原因

ひと口にクマといっても主に3つの種類があります。

  • 影グマ
  • 紫グマ
  • 茶グマ

種類ごとの特徴とその原因について見てみましょう。

 

影グマ

影グマとは、目の下がへこみ、影ができて黒く見える状態をいいます。

このような影の解消には注入医療膨らみ除去の手術が効果的です。

 

紫グマ

紫グマは別名青クマとも呼ばれ、血行不良が原因で起こります。

目の下は皮膚がとても薄いため、血管が透けて見えやすく、血行不良による黒ずみがクマとなって紫色に見えてしまうのです。

血行不良の原因は睡眠不足や体調不良、眼精疲労などで、体が冷えて起こることもあります。

紫グマは生活習慣を見直し、血流を促進することで改善が期待できます

 

茶グマ

メイクによる摩擦や、紫外線によるメラニン色素が蓄積して起こるのが茶グマです。

肌が健康な状態ならメラニンが発生しても、時が経てば古い皮膚とともに剥がれ落ちていきますが、代謝が乱れてターンオーバーに異常をきたすと、古い皮膚は肌表面に留まって色素沈着を引き起こします。

レーザー治療で対処することがありますが、影グマと混在している場合も多いため、影グマ治療と同時に治療することもあります。

 

【必見】目の下のクマを改善に導く方法

さまざまな原因から起こる目の下のクマですが、改善するためには注入医療や脂肪除去手術が効果的です。

それぞれの治療法について詳しくご紹介します。

 

ヒアルロン酸注入

目の下の皮膚のたるみなどが原因で起こるクマ治療に用いられるのが、ヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸を注入することでシワやたるみ、目の下の影を改善に導く方法です。

ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分のため、安全性も極めて高く、副作用の心配もありません。

当院では、数あるヒアルロン酸製剤の中から患者様のクマの状態に合わせて選んでいきます。

ジェル状の高密度ヒアルロン酸を注入することにより、肌のハリを取り戻し、目の下の影を目立ちにくくすることが期待できます。

 

 

下眼瞼脱脂術

影グマに悩まれている方は、下眼瞼脱脂術という治療がおすすめです。

目の周囲には眼輪筋という筋肉がありますが、これが加齢により緩んでくると、肌はハリを失い、目の下にふくらみ(眼窩脂肪)ができてしまいます。

眼球を守る働きのある眼窩脂肪ですが、眼輪筋が緩むとたるんできます。

上まぶたがたるむと、目が開きにくくなる眼瞼下垂という症状が起こりますが、下まぶたがたるむと目の下にふくらみができ、影グマの原因となります。

 

下眼瞼脱脂術は、突出した眼窩脂肪を除去する施術法です。

切開手術ですが、下まぶた裏の結膜を数mmほど切開するだけなので、抜糸の必要がなく、目立った術後の腫れが少ないのも特徴です。

治療は、麻酔を施した上で行い、患部の腫れは術後2~3日程度皮下出血は数週間から数ヶ月程度で消失します。場合によっては切開した結膜の微量な出血により涙が赤くなることがありますが、これも2~3日で解消することがほとんどです。

目元の状態によっては別の対処が必要になる場合もありますので、詳しくは無料カウンセリングでご相談ください。

 

下眼瞼たるみ取り

下まぶたのたるみがクマの原因となっている場合、下眼瞼たるみ取りが効果的です。

袋状に大きくたるんでいる皮膚の余分な部分を取り除く施術法で、比較的効果が長続きするのが特徴です。

 

目もとたるみ取りは切開法で、局所麻酔を施して行います。

術後の傷跡が目立たないよう、下まつ毛の少し下を切開し、たるんだ部分を取り除きます。

除去後は縫合し、約1週間後に再びご来院いただいて抜糸を行います。入院は不要で、手術当日にご帰宅いただけます。

 

個人差はあるものの、術後の大きな腫れは1週間程度赤みは1~2ヶ月ほど残りますが、抜糸が済めばメイクで隠せる程度まで落ち着くことがほとんどです。

最終的には白い細い線のような状態となるので、3~6ヶ月程度経過すれば、通常メイクなしでも気にならない程度になります。

抜糸まではメイクや洗顔を避ける必要がありますが、傷口を濡らさなければ、入浴やシャンプーは2日目から、シャワーだけなら当日でも可能です。

激しいスポーツやフェイスマッサージなどは術後1ヶ月は控えていただきます。

また、コンタクトレンズの使用は抜糸後となるため、事前に眼鏡の準備をお願いしております。

 

ベビーコラーゲン注入

軽度のクマであれば、ベビーコラーゲンの注入が適していることもあります。

ベビーコラーゲン注入では、人工的に精製されたコラーゲンを注入し、クマの原因となる小じわの改善を目指します。

コラーゲンの中でもⅠ型、Ⅱ型…と型が分かれますが、皮膚の再生能力に関わっているⅢ型を多く含んだヒト由来のものをベビーコラーゲンといい、これを目元に注入することでクマを改善に導くことができます。

 

治療方法としては、気になる箇所にベビーコラーゲンを注入していきます。

治療時間は10~15分程度で、1週間程度で腫れも落ち着いていきます。

また、赤く腫れたり、ごくまれに内出血することがありますが、こちらもほとんどの場合、1~2週間で消失します。

個人差はありますが、効果は約6ヶ月~1年ほど続きます。

継続して注入することで、肌組織そのものの再生が期待できるのもベビーコラーゲン注入の特徴です。

 

 

値段

料金は下記の通りです。

 

施術名 料金
ジュビダームバイクロス各種

(種類:ボリューマ、ボリューマXC、ボルベラ、ボリフト)

98,000円
ダイヤモンドフィール 30,000円
下眼瞼脱脂術 298,000円
<SET>下眼瞼たるみ取り+脱脂術 398,000円
ベビーコラーゲン 98,000円

※すべて税抜価格です

 

 

 

症例写真

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

下眼瞼脱脂術

 

普段のお手入れでくまを改善に導く方法

ここまでは美容医療でクマを改善する方法をお伝えしてきましたが、自宅でのお手入れも大切。

手術による治療に抵抗のある方は、これから紹介するお手入れを普段からこまめに行い、さらに定期的に美容治療をうけるというのもひとつの方法です。

ぜひ参考にしてみてください。

クマにアプローチしてくれる筋トレ(眼輪筋トレーニング)

黒グマを改善したい方は、目の周りにある眼輪筋という筋肉を鍛えるのがおすすめです。

眼輪筋がゆるんでくると、それに伴い眼球の重さに耐えきれなくなった眼窩脂肪が飛び出てきます。この飛び出た眼窩脂肪の下にできる影が黒クマとなるです。眼輪筋トレーニングは、マッサージによる摩擦の心配がいらないので、茶くまと黒くまが混在している方にもおすすめですよ。

①人差し指を伸ばして、上まぶたの眼輪筋を捉え、軽く押さえます。

②人差し指を固定したまま、下まぶただけを動かして目を閉じます。右目、左目各5~10回行うようにしてください。

 

食べ物の見直し

クマを改善したい方は血行をよくする働きのある「ビタミンE」を積極的にとりましょう。

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類やかぼちゃ、アボカドなどに豊富に含まれています。とくにアボカドは、ビタミンEをたっぷり含むだけでなくビタミンB群やカリウムもたっぷり含んでいます。

また、レモンやキウイフルーツなどに多く含まれる「ビタミンC」は、ビタミンEの働きを高めてくれます。ビタミンEとビタミンCを食べ合わせることによって、クマの改善効果がより期待できます。

 

ツボ押し

目の周りにあるつぼ押しもクマ改善には効果的です。

おすすめのツボは以下の通りになりますので、ゆっくり押してマッサージしてみてください。

先ほどご紹介した筋トレと合わせて行ってもいいでしょう。

  • 目頭にある『睛明(セイメイ)』
  • 瞳孔のまん中のちょうど下、骨の上の凹みにあるツボ、『承泣(ショウキュウ)』
  • 目尻にあるツボ『瞳子リョウ(ドウシリョウ)』
  • こめかみにある『太陽』

 

目の下のクマにアプローチしてくれるスキンケアグッズを使用する

クマを改善したい方は目の下のクマにアプローチしてくれる成分を含んだスキンケアに切り替えるのもおすすめ。

注目したい成分は、肌のハリをサポートするセラミドやレチノール、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体です。なかでもビタミンC誘導体は、茶くまにも黒くまにも効果的な、本当に心強い成分。

クマに有効な成分が配合されているスキンケアグッズを使用して、気になる悩みを改善していきましょう。

 

 

クマ治療に関してよくある質問

クマ治療に関してよくある質問をまとめてみました。

 

クマ治療は痛いですか?

外科手術では麻酔を使用しますので施術中に強い痛みを感じることはほとんどありません。外科手術が不安であれば注入治療といった選択肢もあります。

目元整形の注入治療で使われる注射針は極細針で、採血時の注射針のように太い針ではないため、針を刺す痛みもより小さなものとなります。

とはいえ、痛みの感じ方には個人差がありますので、少しでもご不安があればお気軽にご相談ください。患者様がご納得して施術を受けられるよう症状に合ったご提案をさせていただきます。

 

目の下のクマのせいで老けて見られますがどうすれば改善できますか?

目の下のクマにはさまざまな原因があります。

ご自身の原因に合った治療を施すことで改善します。

血行不良が原因の紫グマであれば、まずは生活習慣の見直しがおすすめです。冷えや眼精疲労が原因となることもあるので、思い当たることがないかチェックしてみてください。

スキンケアや紫外線などによる摩擦や外部刺激による色素沈着が原因で茶グマができる場合もあります。

この場合は代謝の乱れによってシミの原因とも言われているメラニン色素が蓄積してしまうため、正常なターンオーバーを目指すことで改善される場合もあります。

それでも改善できない場合は無料カウンセリングでご相談ください。状況を拝見した上で適切な治療法をご提案させていただきます。

目の下がふくらんだり皮膚がたるんだりすることで影ができる影グマの場合は、ヒアルロン酸やベビーコラーゲンを注入したり、余分な皮膚を切除したりといった治療が有効です。

治療法は上記以外にも複数ありますので、こちらもまずは無料カウンセリングでご相談ください。

 

美容皮膚科の治療による効果はどの程度ありますか?

治療による効果にはどうしても個人差があります。

症状や体質によっても結果は異なるため、一概にどの程度の効果があると申し上げることは難しいですが、当院で施術を受けられた患者様からはクマが改善したとのお声を多くいただいております。

 

黒っぽい色素沈着によるクマも改善可能でしょうか?

あくまで一般論になりますが、色素沈着の場合、アザである可能性も考えられます。

また、目のくぼみや眼窩脂肪の突出による影が色素沈着を目立たせていることもあり、その場合は色素沈着の対策よりも、ヒアルロン酸やベビーコラーゲンの注入によって改善を目指すこともあります。

色素が沈着した茶グマに見える場合でも、複数の原因が混在していることがありますので、患者様の状況に合った治療法を選択することで改善が期待できます。

 

下眼瞼脱脂(脂肪取り)の場合は傷がついたりしませんか?

脂肪取りだけであれば、下まぶた裏の数mm程度の穴を開けて行うため、表面から見て目立つような手術跡が残ることはありません。

 

モニターは募集していますか?

モニター募集には限りがございますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。

また、症状によってはご参加いただけない場合もございます。無料カウンセリングにて医師とご相談くださいませ。

 

切らない治療は効果が薄いですか?

一概にそうともいえません。

患者様の症状によっては注入治療の方が向いている場合もありますので、一度無料カウンセリングでご相談ください。症状に合った治療法をご提案させていただきます。

 

大阪や名古屋、福岡にクリニックはありますか?

あいにく名古屋院と福岡院はございません。大阪茶屋町院は2020年3月中旬にOPEN予定です。

 

ヒアルロン酸涙袋形成(涙袋整形)をしたら「たるみぐま」が目立たなくなりますか?

患者様のお目もとの状態によっても変わりますので一概には申し上げられませんが、皮膚のたるみが原因のクマで悩まされている場合効果があることもございます。

 

 

 

 

まとめ

見た目の印象を左右する目の下のクマ。

それだけに改善できれば、明るく若々しい印象を手に入れることが可能です。

 

美容外科や美容皮フ科での目の下のクマ治療にはさまざまな種類があり、原因ごとに適応が異なります。

当院では、患者様一人ひとりに合わせて適切な治療法をご提案しております。

 

カウンセリングは完全無料で行なっておりますので、ぜひお気軽にご相談にいらしてくださいね。

クマを改善して若々しい笑顔を取り戻しましょう!

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれている方はこちらも読んでいます。

 

SELECT CLINIC TIPS

「コンシーラーなどでメイクをしてもクマが隠れない…」 「クマ対策に良さ […]…

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.