MENU

【痩身】脂肪吸引後の経過って?むくみのピークや痛みについて医師が解説

当院で行っている痩身治療には、脂肪を吸引して除去する「脂肪吸引」という施術があります。

 

「ダイエットをしてもすぐリバウンドしてしまう」

「さまざまなダイエットを試したけど続かない」

 

そんなお悩みがある方には脂肪吸引がおすすめです。

しかし脂肪吸引というと、リスクやダウンタイム、施術後の経過が気になる方も多いかもしれません。

この記事では、脂肪吸引の手術方法やメリット・デメリット、ダウンタイムの目安期間、施術後に起こる痺れやたるみなどについて詳しく解説します。

 

脂肪吸引とは?

そもそも脂肪吸引とはどのような痩身治療なのでしょうか。

手術方法やメリット・デメリットなどをチェックしてみましょう。

 

手術方法は?

脂肪吸引は、皮膚の下にある脂肪を吸引して除去する手術のことです。

手術では、はじめに皮膚を数ミリ切開し、吸引部位にカニューレと呼ばれる細い管を入れて、美しい仕上がりになるようにバランスよく脂肪を吸引していきます。

 

太ももや顔もうけられるの?

太ももは、脂肪吸引で人気の部位です。他にも二の腕やお腹など、脂肪がつきやすく目立ちやすい部位を引き締めたいという方が多くいます。

脂肪吸引は、体だけでなく顔への施術も可能です。

当院では、顎下や頬への施術メニューも用意していますので、「二重顎が気になる」・「ダイエットしても顔の肉が取れない」など、フェイスラインにお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

 

メリットデメリットは?

脂肪吸引には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • メリット

脂肪吸引のメリットのひとつは、リバウンドの心配が少ないことです。

私たちの体型は、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることで、太ったり痩せたりと体型が変化します。

ダイエットをしても脂肪細胞の数は変わらないので、脂肪細胞がまた大きくなればリバウンドしてしまいます。

しかし、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドのリスクが少ない痩身治療といえるでしょう。

また、吸引部位が選べるので、気になるところだけ部分痩せすることが出来ることも脂肪吸引の大きなメリットです。

  • デメリット

脂肪吸引の施術後は、痛みや内出血、腫れ、むくみなどが生じるため、 施術を受けてから回復するまでのダウンタイムが必要です。

脂肪吸引後のシャワーは2日目から、洗髪は3日目から、入浴は1週間後からなどの制限があり、激しい運動は1ヶ月程度控えることになります。

ダウンタイムは個人差がありますが、普段通りの生活に戻るには時間がかかることを考慮しておきましょう。

 

ダウンタイムはどのくらい?

ダウンタイムがどのくらいの期間続くのか心配になる方もいるでしょう。個人差がありますが、部位別ダウンタイムの目安を見てみましょう。

 

内出血

施術後には、吸引した部位に内出血が起こる場合があります。

内出血は皮下で出血が起きている状態で、打ち身のアザのように赤紫色になります。固まった血液は吸収され、2〜4週間程度で消失することが多いでしょう。

 

腫れやむくみのピークはいつ?

脂肪吸引した後は、施術部位全体に炎症による腫れが起こります。また、施術時に注入した麻酔等の水分が体内に吸収されるため、むくみが起こることがあります。

腫れは2〜3日、むくみは1〜2週間をピークに引いていきますが、痩身効果を実感するには3ヶ月程度かかるでしょう。

 

術後の痛みは個人差がある

施術中は麻酔を使用しますが、施術後は筋肉痛のような痛みが出てきます。

痛みの感じ方には個人差があるため、痛みの強さは一概にはいえませんが、脂肪吸引は入院せずに日帰りが可能なので、痛み止めで治る程度の痛みといえるでしょう。

ただし、体質や吸引量によって痛みは異なります。体への負担が大きい手術ほど痛みも強くなる傾向があります。

施術後は痛み止め・化膿止め・腫れ止めをお渡しするので、必ず服用してください。

 

痺れが残ったりしないの?

個人差がありますが、脂肪吸引後に痺れが起こる場合があります。痺れが残る可能性や痺れが起きやすい部位について確認しておきましょう。

 

神経が切れることは滅多にない

脂肪には知覚神経が通っているため、人によって脂肪吸引後に患部への感触が鈍くなったり、敏感になったりする場合があります。

個人差はありますが、他の症状と同じように、3〜12か月程度で治ることが多いです。

基本的に脂肪吸引の手術で神経が切れることは滅多にありません。当院では、脂肪の構造に詳しい医師が丁寧な施術を行いますので、不安がある方はカウンセリングでご相談ください。

 

痺れが起きやすい部位は?

痺れが起きやすい順では、

  1. 腕・ふくらはぎ・太もも
  2. お腹・腰

 

になります。

他の部位と比べると、お腹や腰には痺れが起きる可能性は低いでしょう。

また、痩身治療には、体内に管を挿入せずに専用マシンで脂肪細胞だけを凍らせて排出する、切らない脂肪冷却「クールテック」もあります。

手術のリスクが気になる方には、メスを入れない痩身治療もご案内できますので、カウンセリング時にご相談ください。

 

痺れを起こさないことってできるの?

脂肪細胞は、浅い層と深い層で構成されており、通常のダイエットでは浅い層から深い層の順で脂肪は落ちていきます。

脂肪吸引は、深い層の脂肪を吸引・除去できるのがメリットですが、神経は比較的深い層にあるため、どうしても痺れが起こる可能性は否定できません。

痺れが起きた場合は、時間とともに治ることがほとんどで、人によっては治るまでに2年程度時間がかかるケースもあります。

経過を見る必要がありますが、長期的に痺れが治らない場合は医師に相談してください。

 

 

 

皮膚がたるむって本当?

脂肪吸引をすると皮膚がたるむ場合があります。「たるみ」が起こる原因やたるみやすい人について解説します。

 

そもそも脂肪吸引で皮膚が「たるむ」原因は?

皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっていて、脂肪は皮下組織の部分に含まれています。

皮膚は脂肪が増えればそれに合わせて伸びていき、脂肪が減れば皮膚も縮みます。

しかし、皮下組織にある脂肪が急激になくなると、表皮・真皮が余った状態になって「たるみ」が発生してしまうのです。

脂肪吸引は、その人にあった適正の脂肪量を見極めて施術をおこなう必要があり、医師の技術や経験が問われます。

 

「たるみ」やすい人っているの?

通常であれば、細胞の新陳代謝によって徐々に皮膚は縮んでいきますが、皮下脂肪の量が多く、脂肪吸引で大量の脂肪を一気に除去してしまうとたるみやすくなります。

また、皮膚の伸縮性を保つ役割を持っているのが、真皮にあるコラーゲンとエスチレンという繊維成分です。

加齢とともにこの繊維成分が減少し、細胞の新陳代謝も衰えることから、高齢の方はたるみが起きやすいといえるでしょう。

 

「たるみ」が心配な人は以下の点に注意

「たるみ」のない仕上がりを目指すには、医師のアドバイスをしっかりと聞くことと、術後の圧迫をしっかりと行うことが大切です。2つのポイントを見ていきましょう。

 

  • 医師のアドバイス聞く

脂肪吸引を行う前に、カウンセリングで患者様の理想のボディラインを共有します。

大量に脂肪を吸引すると、たるみだけでなく体へのダメージも大きくなってしまうため、吸引する量は慎重に判断しなければいけません。

ナチュラルで美しい仕上がりを目指すためにも、医師のアドバイスを聞くようにしましょう。

 

  • 術後はしっかりと圧迫をする

脂肪吸引後は、しっかりと圧迫固定することで皮膚を収縮させてたるみを防ぎます。

また、内出血やむくみの症状を抑える効果も期待できるので、1週間はサポーターを着用してください。

施術後皮膚が接着する際に、一時的に脂肪吸引した部位が硬くなる場合があります。時間とともに自然と治りますが、抜糸後にマッサージすることでより回復が早くなります。施術後はこまめにマッサージを行うようにしましょう。

 

症例写真

※頬の脂肪吸引×スレッドリフト(上:施術前、下:施術後)

※頬の脂肪吸引(上:施術前、下:施術直後)

 

まとめ

脂肪吸引は、リバウンドの心配が少なく、かつ希望のボディーラインを確実に得ることができる痩身治療です。

しかし、施術後はむくみや内出血などが起こり、ダウンタイムが必要になります。

期間や症状の度合いは個人差がありますが、脂肪吸引は日常生活への影響を考慮した上で施術をおこなうようにしましょう。

当院ではダウンタイムや術後リスクが少ない痩身治療もご用意しております。

美しいボディーラインを手に入れたい!という方はぜひご相談ください。

 

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.