表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

タトゥーや刺青はキレイに消せる?タトゥー除去法について医師が解説

一昔前までは、タトゥーや刺青を消すことは非常に難しく、施術しても跡が残ってしまうというのが一般的な考えでした。

 

しかし、近年、タトゥー除去治療は、従来の治療よりもキレイに除去することが可能となりました。

その中でも当院で扱う「ピコレーザー」は、タトゥー除去のデメリットを最小限に、効果的にタトゥーや刺青除去が望める機器です。

 

この記事ではタトゥー除去技術である「ピコレーザー」を中心に、詳しく解説します。

タトゥーをキレイに消したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

▶︎タトゥー除去に関する料金を知りたい方はこちら

表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニック |

表参道の美容皮膚科「セレクトクリニック」お肌のお悩みを解決するための治療や美容整形・外科治療から医療痩身・ダイエットのお…

 

 

タトゥー除去の種類

タトゥーの除去方法にはさまざまな種類があります。

ここでは、それぞれの方法の特徴や術後の注意点などをご紹介します。

 

レーザー治療

もっとも一般的に知られている除去法が「レーザー治療」です。

今までのレーザー治療は、Qスイッチヤグレーザーが用いられることが一般的でした。

しかし、Qスイッチヤグレーザーが対応しているのは黒や濃い青色のみ。墨の量が多いタイプのものにはあまり効果がありません。

そのため、ごく一部のタトゥーや刺青以外は思ったような効果が得られないというデメリットがありました。

また、施術に必要な回数が多く、痛み費用も伴うため、なかなか治療に踏み出せないという方も大半でした。

 

当院で使用している「ピコレーザー」は、多色のタトゥーに対応でき、かつ施術回数が従来のレーザーに比べて少なく済むことから、今もっとも注目されているタトゥー除去治療法です。

レーザー治療は他のタトゥー除去法と比べて手軽に出来ますが、治療機器によって効果が大きく変わってくるので、治療前にしっかり調べて納得した上で治療をはじめることが重要です。

 

切開法

切開法(切除縫縮法)は刺青やタトゥーをメスで直接取り除く治療方法です。

皮膚切除した部分は、周囲の皮膚を縫い合わせることで元に戻します。

そのため、小さなタトゥーであれば適していますが、広範囲のものや女性のバストなどには向いていません。

皮膚を取り除くため、術後に痛みやひきつれ、ケロイドが残る可能性もあります。

施術回数は1回で終わるものから、タトゥーの範囲や場所によっては複数回必要な場合もあります。

 

皮膚移植法

皮膚移植法(植皮法)は背中など、広範囲の刺青やタトゥーの除去に用いられることの多い手術です。

消したい部位の皮膚を取り除いた後、体の他の部位からとった皮膚を移植します。美容医療というよりは、やけどなどの治療を主目的として用いられる外科治療です。

そのため、他の部位よりも跡が目立つ上、採皮した部位にも傷跡が残るというデメリットがあります。

皮膚移植術に必要な施術回数や費用は、そのタトゥーや刺青の範囲・種類によって大きく変わります。

 

削皮

削皮(アブレーション)とは、タトゥーや刺青の入った治療部位を直接削り取る除去法(切除法)です。

切開法とは違い大きめのタトゥーにも対応可能ですが、医師の技術によって傷跡や術後の経過に差が出てしまう方法です。

場合によってはケロイドが残ってしまう可能性もあるため、削皮を受ける時は経験や実績のある医療機関や美容外科医師を選ぶことが重要です。

 

主流なのはレーザー治療によるタトゥー除去

tattoo

刺青やタトゥーの除去にはさまざまな方法がありますが、やはり主流なのはレーザー照射による除去方法です。

続いて、刺青レーザー治療の種類やメリット・デメリットについて、詳しく見ていきます。

 

レーザー治療のメリット・デメリット

タトゥーや刺青のレーザー治療とは、レーザーの熱エネルギーを利用して皮膚内の墨や染料を除去していく方法です。

レーザー光線を照射することで発生した熱は患部の色素に反応し、タトゥーの色素を徐々に薄くしていく効果があります。レーザーを照射することで、皮膚内の色素は破壊され、時間とともに体外へと排出されます。

 

除去治療の中でもレーザー治療は、比較的キレイにタトゥーが除去できます。

メスを使った治療と比べ体にかかる負担も少なく、タトゥーの範囲や形に関わらず適用できるというのも大きなメリットです。

しかし、前述したとおり、レーザーの種類によっては特定の色に効果がない、あるいは完全には消えない場合もあるということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

また、少しずつ効果を発揮する治療法のため、タトゥーを消すまでには複数回治療を受けなければならないというデメリットもあります。

レーザー治療を受ける際は、消したい部位の状態や希望に合った治療を受けられるよう、医療機関と良く相談することが必要です。

 

レーザー治療の種類

タトゥー・刺青の除去に使われるレーザーにはいくつか種類があります。レーザーごとの特徴や対応する染料についてご紹介します。

 

Qスイッチヤグレーザー(Qスイッチレーザー)

QスイッチYAGレーザーは、黒や濃い青などの色に対応しているレーザーです。

皮膚の奥に入り込んだ染料まで破壊することができるので、濃い色のタトゥーや刺青の除去に適しています。 赤や黄色などのカラータトゥーの除去には向いていません。

 

Qスイッチルビーレーザー

比較的術後の腫れなどが軽い種類のレーザーです。

しかし表面の染料にしか作用しないため、皮膚の奥に入り込んだタトゥーには効果を発揮できないというデメリットがあります。

 

アクションツー

アクションツーのエルビウムヤグレーザーは肌表面を削り取り皮膚を薄くする効果があります。

しかし、肌の浅い層までしか効果を発揮しないので、深い層にある色素は、ピコレーザーなど肌の深部にまで効果を発揮するレーザー機器との併用が必要となります。

 

ピコレーザー

ピコレーザーは1兆分の1秒である「ピコ秒」でのパルス幅照射が可能なレーザーです。

そのため、熱発生が少なく従来のレーザーでは難しかった肌の深部まで効果を出すことが可能です。また多色の刺青やタトゥーにも効果を発揮するため、治療を受けてもなかなか消えなかったタトゥーや刺青への効果も期待できます。 また、皮膚への負担が少なく術後の傷跡も残りにくいというメリットもあります。

ピコレーザーは、従来のレーザー機器より格段に性能が上がった最新の医療機器です。

現段階ではもっともタトゥー・刺青除去治療に向いている方法といえるでしょう。

 

 

ピコレーザーの種類

タトゥー除去において、素晴らしい効果を発揮する「ピコレーザー」ですが、メーカーによってもそれぞれ特色が異なります。

それぞれの特徴についてご紹介致します。

 

ピコシュア

  • 波長 755nm ・532nm
  • 特徴 単色・多色あらゆるカラーのタトゥー・刺青に対応可能

 

業界最大手「サイノシュアー社」製であるピコシュア。

世界で一番最初に登場したピコレーザーマシンであるため、実績がもっとも長く信頼性が高いという特徴があります。国内のクリニックでのシェア率も高く、多くの美容外科や美容皮膚科が導入しています。

また、波長が幅広いため、さまざまなカラーのタトゥーに対応することが可能です。

 

スペクトラ ピコ

  • 波長 1064nm・660nm・595nm・532nm
  • 特徴 現在、唯一4種類の波長が出せる。そのため、効率の良い色素除去が可能

 

韓国のレーザー医療機器メーカーであるルートロニック社製。波長が4パターンあり現時点で最も高性能であることが謳われています。

しかし、導入クリニックがまだ少ないため症例数がほとんどない点、費用が割高になる点などの懸念点があります。

 

ピコ エンライトン

  • 波長 532nm・1064nm
  • 特徴 黒・青系に適した波長

 

アメリカに親会社を持つキュテラ社による製品です。唯一、厚生労働省の認可を受けたマシンでもあります。ピコエントラインのレーザーは黒や青などの濃い色には良く反応するのですが、赤や黄色などには反応しにくいという特徴があります。

そのため、他の機器と比べカラフルなタトゥー除去には適しません。

 

ディスカバリー ピコ

  • 波長 532nm・1064nm
  • 特徴 黒・青系に適した波長

 

Quanta社製のマシンであるディスカバリーピコは、出力が強いという特徴があります。そのため得意な色への効果は期待できるのですが、ピコエンライトンと同じ波長なため、赤や黄色などカラフルなタトゥーには適しません。

 

ピコ ウェイ

  • 波長 532nm・1064nm
  • 特徴 黒・青系に適した波長

 

シネロンキャンデラ社製品であるピコウェイは、シミそばかすなどの美肌治療に利用されることが多いです。

そのため、タトゥーの除去治療に導入している美容クリニックはほとんどなく、他のマシンと比べ症例数が少ない傾向にあります。

 

費用

当院のタトゥー除去治療では、単色はもちろん、カラータトゥーにも効果の高いピコシュアを採用しています。

費用は以下の通りです。

 

  • タトゥー除去 1~5㎠未満 22,800円 [税込25,080円]
  • タトゥー除去 5~10㎠未満 33,000円 [税込36,300円]
  • タトゥー除去 10~30㎠未満 42,000円 [税込46,200円]
  • タトゥー除去 30~50㎠未満 49,200円 [税込54,120円]
  • タトゥー除去 100~150㎠未満 60,000円 [税込66,000円]
  • タトゥー除去 250~300㎠未満 87,600円 [税込96,360円]
  • タトゥー除去 300~350㎠未満 99,600円 [税込109,560円]
  • タトゥー除去 400~450㎠未満 120,000円 [税込132,000円]
  • タトゥー除去 450㎠以上 ※ご相談ください

※モニター価格

 

 

症例写真

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術1回後)

 

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術2回後)

 

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術1回後)

 

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術2回後)

 

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術1回後)

 

※タトゥー除去(上:施術前、下:施術2回後)

 

その他の症例をみる

 

 

まとめ

「タトゥーを消したいけれどきちんと消えるか不安」あるいは「術後に残る跡が心配」など、タトゥーや入れ墨の除去治療には悩みがつきものです。

もっとも一般的な治療法であるレーザー治療も、場合によってはあまり効果が得られなかったという声も少なくありません。

しかし、そうした従来の不安にも対応してくれるのが「ピコレーザー」です。

これまでの治療で思ったような効果が得られなかったという方は、当院の無料カウンセリングでご相談ください。

 

 

 

 

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読まれています

SELECT CLINIC TIPS

最近ではファッション感覚で気軽にタトゥーを楽しむ人が増えています。 し […]…

SELECT CLINIC TIPS

タトゥーを消したいと思っても、痛みが気になってなかなか踏み切れないとい […]…

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.