表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

目頭切開でくっきり二重へ!目頭切開の特徴やメリットについて医師が解説

顔の印象を変えるために、二重整形を希望する方は多くいらっしゃいます。

しかし、ただ二重にしただけでは「思っていたのと違う…」ということになりかねません。

理想の目元に近づける方法のひとつとして「目頭切開」という美容外科施術があります。

この記事では、目頭切開の特徴やメリットについて解説していきます。

くっきりとした理想の目元を手に入れたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

目頭切開とは

目頭切開とは、目頭の皮膚を切開することで内側に広げる「内眼角形成」の手術です。

まずは、目頭切開の目的や効果について見ていきましょう。

 

理想的なバランスの目元に整える

目と目の間の距離が、それぞれ「1:1:1」がもっとも理想的な目元のバランスといわれています。

理想的なバランスの目元に整えたいなら、目頭を鼻側に広げる「目頭切開」が有効です。

また、生まれつき左右の大きさに差がある場合や、離れ目が気になるというケースにも効果的です。

 

蒙古襞を切除し理想的な目元を叶える

日本人をはじめとしたアジア系人種には、目頭に皮膚が被さった状態である「蒙古襞」を持つ方が多いです。

この蒙古襞の存在が目を小さく、離れぎみに見せてしまう原因となっています。

目頭切開はこのひだ部分を広げる施術のため、目元の印象を大きく変える効果が期待できます。

 

蒙古襞を切除する目頭切開には、主に以下の2つの術式が存在します。

【Z形成術】

目頭をZ型に切開し、皮膚弁を互い違いに入れ替えて縫合する形成術。

そうすることで、蒙古襞の緊張が緩み目頭が開きやすくなる。

また、元に戻したいという場合もヒダ形成術の施術がしやすいという利点がある。

 

【W形成術】

皮膚弁を入れ替えず、目頭をW型に切除して縫合することで目頭を広げる方法。

 

目頭切開で蒙古襞を切除すれば、西洋人のような印象的ではっきりとした目元に変えることができます。

二重瞼切開と同時に行うことで、より理想とする目元に近づけることも可能です。

 

しかし、どのような施術法が良いかは、その方の目の状態によって異なります。理想の目元を叶えるためにも、自分に合った治療方法を選択することが大切です。

 

 

こんな人におすすめ

目頭切開による内眼角形成術がおすすめなのは、以下のような方です。

 

【離れ目の人】

目が離れていることでバランスが悪く、いわゆる魚顔に当てはまる人には目頭切開の施術がおすすめです。

目が小さいと悩まれている方も、目頭を切開して広げることで目元のバランスが整い、目が大きく見えるようになります。

 

【平行二重にしたい人】

蒙古襞があると、二重まぶた施術を行っても目頭側の二重線が作りにくく、どうしても奥二重になってしまいます。

また、瞼埋没法による二重形成の場合は、術後に蒙古襞側から戻ってしまう可能性もあります。

そこで、蒙古襞がある方には、二重治療と目頭切開を同時に行うことをおすすめしています。目頭切開を行うことで、幅の広い平行二重を叶えることができますよ。

 

【目の横幅を広げたい人】

目の横幅を広げたい、という場合も目頭切開がおすすめです。

目頭側を広げることによって、エキゾチックで印象的な目元にすることが可能です。

 

【ぱっちりとした目元にしたい人】

目頭切開はアジア人に多い蒙古襞を取り除くことで、目元を大きく見せることのできる施術です。

ぱっちりしたデカ目にしたいという方におすすめの方法といえます。

 

セレクトクリニック の目頭切開 

当院で行っている目頭切開の特徴をご紹介します。

 

丁寧なカウンセリング

セレクトクリニックでは、手術前に患者様への丁寧なカウンセリングを行っています。

治療のメリットやリスクをしっかりお伝えすることで、患者様の不安や疑問点を軽減できるよう努めています。

気になることやご希望があれば、ぜひ遠慮せずお申し出ください。

 

一人ひとりに合わせたデザイン

当院では蒙古襞の緊張を解放しやすい「Z形成術」方式を採用しています。

一口にZ形成法の手術といっても、そのやり方はさまざまです。

その方の目の形に合わせ、縦型に近いZ型に切開するか、横向きに切開するかなどを判断いたします。

また、切開といっても単に切り取るだけでなく、目頭が見えるよう襞を移動させ適切なバランスで調整することも必要です。

Z方式なら、皮膚弁の形成方法や切除する皮膚のサイズなどの選択の自由度が高いため、患者さまの目の状態や顔全体のバランスに合わせたデザインが作りやすいというメリットがあります。

満足できる目頭切開のためには、一人ひとりに合わせたデザインを選ぶことが非常に重要です。セレクトクリニックでは患者様のご希望にそえるよう、丁寧なカウンセリングを行い適切な手術方法をご提案いたします。

 

傷跡に配慮

美容整形において気になることのひとつといえば、傷跡の残り具合ではないでしょうか。

当院では、できるだけ傷跡を残さず術後のダウンタイムが短く済むよう、切開や縫合に配慮した施術を行っています。

 

目頭切開の概要や注意事項は以下のとおりです。

施術時間 60分~90分程度
値段 目頭切開 250,000円(税込275,000円)
洗顔・入浴・メイク ・シャワーは施術当日から可能

・洗髪と入浴は術後2日後〜

・洗顔とメイクは術後7~8日後〜

ダウンタイム 術後は腫れや赤みが出ますが、3日~1週間程度で落ち着いてきます。

最初の2、3日は痛みや熱感を感じることもありますが、これも時間経過とともに消失していきます。

また、人によっては内出血が起こることもありますが、1~2週間程度で消失していきます。

術後の傷後は1ヶ月程度赤みが残り、2~3ヶ月後には白っぽい跡に、さらに時間が経つことで徐々に目立たなくなっていきます。

注意事項 術後当日は読書やテレビなどの目を使う行為は避け、ゆっくりお休みください。

傷跡保護のためのテープは帰宅後はがしてもかまいませんが、施術部位には抜糸が済むまで触れないよう注意しましょう。

抜糸を終えるまでは、激しい運動やサウナなどの血流を促進する行為は避ける必要があります。

また、コンタクトレンズの使用も抜糸後になります。

術後には化膿止めと痛み止めを処方しています。

万が一服用中に異常があれば服用を中止し、速やかに当院にご相談ください。

 

ただし、経過には個人差もあるため一概にはいえません。

もし気になることがあればなんでもお申し出ください。その都度適切に対応いたします。

 

 

よくある質問

目頭切開の施術に関する、よくある質問にお答えしていきます。

 

目頭切開の傷跡はどのくらい目立ちますか?

当院ではなるべく傷跡が残らないよう配慮した施術を行っていますが、手術直後にはどうしても赤みや腫れは出てしまいます。

こうした症状は通常1週間程度で目立たなくなり、抜糸後にはメイクでカバーできるくらいまで回復することが多いです。

また、個人差はありますが、3ヶ月から半年程度でメイクなしでも目立たない程度まで回復いたします。

 

二重手術と同時にすることは可能ですか?

もちろん可能です。

二重埋没法・切開法いずれにしても同時施術を行うことができます。

特に平行二重をご希望の場合は、目頭切開を同時に行うことをおすすめすることも多いです。

 

傷跡はメイクで隠せますか?

抜糸後(術後1週間程度)にはメイクが可能になります。

個人差はありますが、その頃には傷跡や腫れが落ち着いてくるため、メイクで隠せる程度になります。

 

まとめ

目もとのコンプレックスを解消するために、目の美容外科手術を検討されている方も多いと思います。

ただ一口に二重整形といっても、目の形や顔のバランスによって適切な治療方法は、一人ひとり異なります。

 

また、美容手術のデザインはクリニックの方針や医師の技術によっても大きく異なるので、理想の目元を叶えたい、という方はカウンセリングを受け信頼できる医師の元、適切な治療を行うようにしましょう。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.