MENU

【小鼻縮小】美容整形でスッとした鼻に!セレクトクリニックの鼻翼縮小とは

あぐら鼻や団子鼻など、存在感のある鼻の形にコンプレックスを抱えてしまう人は少なくありません。

なかでも、小鼻の張りや大きさが気になる、という方は多いのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが小鼻を縮小できる「鼻翼縮小」という美容整形手術です。

 

この記事では、小鼻縮小術の種類やメリット・デメリットについて解説していきます。

 

小鼻縮小術(鼻翼縮小術)とは?

鼻の横の膨らんだ部分である「小鼻」は「鼻翼」とも呼ばれています。

この部位は人によって大きさに差があり、広がっていたり鼻の穴が大きく見えるような場合はコンプレックスになりやすいと言えるでしょう。

小鼻縮小術は、そうした鼻翼の一部を切り取ったり、糸で処置するなどの方法で小鼻の目立たないすっきりした鼻に仕上げることができる鼻翼形成術です。

ただし、切除範囲やデザイン、手術法を慎重に決めないと不自然な仕上がりになることもあります。

鼻の整形は他の部位に比べバランスが難しい場所でもあるので、信頼できる医師の元でよく相談してから施術を行うことが大切です。

 

おすすめの方

小鼻縮小の形成術がおすすめなのは、以下のような方です。

  • 小鼻の大きい団子鼻
  • 鼻幅のひろいあぐら鼻
  • 小鼻が横に張り出している
  • 鼻の穴が大きく、いつも膨らんだようになっている
  • 鼻の横幅が広い、あるいは笑ったときに横に広がるのが気になる
  • 鼻の穴を小さくしたい
  • 小鼻の左右差を無くしたい
  • 小さくかわいらしい小鼻にしたい

 

これらのお悩みがある方は、小鼻縮小術でコンプレックスを改善することができるかもしれません。

カウンセリングを利用し医師に相談してみてくださいね。

 

 

小鼻縮小術の種類と施術方法

小鼻縮小術の種類と、それぞれの施術の特徴について見ていきましょう。

セレクトクリニックでは、糸による縮小術と外側法・内側法を採用しています。

 

糸による切らない小鼻縮小術

左右の鼻翼に穴を開け、そこから糸を入れることで小鼻を広がらないようにします。

別名、小鼻縮小埋没法とも呼ばれる方法です。

メスを使った施術は避けたい、あるいは年齢とともに小鼻の広がりが気になってきた方におすすめの縮小術です。

【施術方法】

  1. 局所麻酔後、片側の小鼻より医療用の糸を挿入する
  2. そのまま鼻の下まで通し、もう片側の小鼻に糸を引っ掻けループ状にする
  3. 糸を縛り小鼻が広がらないよう固定する。結び目は皮下に埋め込むため、外観からはわかりにくくなる

 

鼻翼外側切除術(外側法)

外側に張り出した小鼻が気になる方に向いているのが、鼻翼外側切除法(外側法)です。

その名の通り、鼻翼外側の組織や皮膚を切り取ることで小鼻を縮小します。

小鼻の面積を小さくすることができるため、鼻翼が大きく広がっている鼻小鼻自体が大きめの方におすすめです。

【施術方法】

  1. 小鼻を外側より切り取る
  2. 縮小した鼻翼を引き寄せ、下部に通した糸で付け根を縫い留める
  3. 傷跡は小鼻の溝と一体化するため、時間経過とともに目立ちにくくなる

 

鼻翼内側切除術(内側法)

鼻翼内側切除法は、鼻の内側(粘膜側)から皮膚や組織を切り取ることで小鼻を小さくする方法です。

手術部位が内側のため外側に傷が残らないのがメリットですが、外側法と比べると鼻幅の縮小率は小さめです。

そのため、小鼻の張り出しが小さい方鼻の穴を縮小したい方に向いています。

【施術方法】

  1. 鼻の穴の下側より組織を切除
  2. 皮膚弁を作り、その下に糸を通して縫い合わせる
  3. 切除部位を縫合して終了

 

鼻翼外側内側切除術(全層切除)

外側法と内側法の術式を合わせた治療法です。

鼻の穴と鼻翼、両方縮小したいという場合に適用されます。

両方の効果を得ることが期待できますが、切り取る範囲も大きいため他の方法よりも傷跡が目立ちやすくなる可能性があります。

 

 

小鼻縮小術のメリットデメリット

小鼻縮小術のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

小鼻縮小術には

  • 張り出した小鼻を小さくできる
  • 鼻の穴を小さくできる

という主に2つの効果が期待できます。

そのため、広がった鼻翼や鼻の穴の大きさが気になるという方には効果的な手術方法と言えます。

また、手術跡が目立ちにくいというのもメリットです。

特に内側法であれば、普段見えない鼻の穴からの施術となるため、傷跡がわかることはほぼありません。外側法であっても小鼻の溝に沿った縫合を行うため、時間経過とともに傷跡は目立ちにくくなります。

 

デメリット

小鼻縮小術は、医師の腕によって仕上がりが大きく左右される施術です。

一人ひとりに合った適切なデザインでないと、傷跡が目立ってしまったり不自然になってしまうことがあります。

また、その方の体質や肌質によって施術後の炎症が長引いたり傷跡が残りやすくなるという点にも注意が必要です。

 

小鼻縮小術が向いていない方

小鼻縮小術は、すべての人におすすめできる施術法ではありません。

鼻自体の高さが低いことで、小鼻が横に広がっているように見える方は、小鼻を縮小するよりも「鼻中隔延長術」などの、鼻先の高さを出す手術のほうが適正です。

鼻先を高くすることで、小鼻が引き上げられるため横への張り出しが抑えられすっきりした鼻に仕上がります。

この鼻先を高くする手術と小鼻縮小術は切開する部位が全く異なるため、どちらの方法を選ぶかは医師とよく相談することをおすすめします。

また、鼻先を高くしてもやはり小鼻が気になる、という場合には、後日小鼻縮小術を行うことも可能です。

 

施術の注意点

いくら小鼻を小さくしたいからといって、鼻翼を大幅に切除することはおすすめしません。小鼻をカットしすぎると、鼻の穴が不自然なほど小さくなってしまったり、角ばってしまう可能性があるからです。

また、小鼻自体の形も丸みのない仕上がりになる危険性があります。

一度切り取った部分を簡単に元に戻すことはできません。特に鼻は顔の中でも中心に位置するパーツです。

バランスの悪い鼻は顔全体の印象も変えてしまうため、担当医とシミュレーションをしながら事前によく話し合っておくことが大切です。

 

値段

当院での小鼻縮小術の料金は以下の通りです。

  • 鼻翼縮小(切開) 350,000円
  • 鼻翼縮小(糸) 200,000円

※全て税抜価格

 

 

よくある質問

鼻翼縮小術に関する、よくある質問にお答えしていきます。

 

小鼻縮小のダウンタイムはどれくらいですか?

個人差はありますが、目立つ腫れや赤みは1週間程度、腫れのピークは術後2~3日です。

7日~10日程度で徐々に腫れは目立たなくなり、2週間程度でほぼ目立たなくなります。

 

切除法の場合傷跡は目立ちますか?

内側法の形成術の場合、基本的に外から傷跡が見えることはありません。

一方、外側法では小鼻の横を切開するため、術後しばらくは赤い傷跡がのこりますがメイクで隠せる程度です。

こちらも時間経過とともに小鼻の溝部分と一体化してくるため、次第にわかりにくくなります。

 

まとめ

小鼻を小さくして鼻のバランスを整えたい、とお考えの方には小鼻縮小術がおすすめです。

しかし、鼻は目立つ部分ゆえに施術には慎重にならなければいけません。

いくら小鼻を小さくしたいからといって、やり過ぎてしまうとかえって不自然な仕上がりになってしまう危険性もあります。

小鼻縮小術に起こりうるリスクとメリットについて、十分理解してから施術を受けるようにしてくださいね。

当院では無料でカウンセリングをおこなっております。ご不明点やご不安定がある方はせひ当院の無料カウンセリングをご利用ください。

 

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.