表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

目尻切開で顔のバランスを整える!セレクトクリニックの目尻切開とは

目のパーツを整える施術には目頭切開や埋没法などさまざまな方法がありますが、女性らしくやさしい印象の目元にする術式としておすすめの方法が「目尻切開」です。

この記事では、当院で実施している目尻切開について、その特徴と期待できる効果、そしてよくある質問への回答をご紹介していきます。

 

目尻切開とは

目尻切開とは、文字通り目尻(外眼角)にメスを入れて数ミリ切開する手術方法です。

目が大きく柔らかな印象になるため、つり目や目つきの悪さを改善する効果が期待できます。

ちなみに目尻切開とは逆の「目頭切開」の場合は、よりはっきりとした目元を手に入れるために行います。

目頭を切開し、目のパーツの印象を改善することにより、可愛い印象から綺麗な印象へとお顔立ちを変えることが可能です。

どちらの手術方法(手術部分)を選択するかは、一人ひとりの理想イメージや目元の状態によって異なるので、カウンセリング時に適した手術法をご提案させて頂きます。

 

目尻切開の特徴

目尻切開には、目の横幅を広げるだけではなく目元を上下に拡大する利点があります。

数ミリの切開でも印象がガラッと変わり、大きく優しい目元の印象に変化させることが可能です。

目尻切開のメリットや効果、どのような人におすすめなのか詳しくみていきましょう。

 

目尻切開のメリット・効果

目尻切開を行う上での最大のメリットは、顔のバランスを整えることができる点にあります。目と目の間の理想的な距離は、目の横幅とほぼ同じ長さとされています。

目と目の間の距離が短いと寄り目の印象に、広すぎると離れ目の印象になります。

目尻切開をすることで、寄り目気味な人は顔のパーツのバランスが整い、より美しい印象に近づきます。

 

また、目尻切開はきつい印象の目元を改善する効果も期待できます。

つり目の人や目が細い人はどうしても、目つきが悪く見えがちです。目尻切開で目の幅を広げ、つり目を改善することでやわらかく優しい印象の目元へと導くことが可能です。

 

目尻切開は、目頭切開や二重まぶた切開法と組み合わせて施術を受けることも可能です。

同時におこなった方が目元のバランスが整う場合もあるので、カウンセリング時にご提案させて頂くこともあります。

 

こんな人におすすめ

  • 目の大きさより目の横幅を広げたいと考えている人
  • 目の間が短く寄り目気味になっている人
  • つり目を改善したい人

 

目尻切開は上記のような方に非常に効果的な手術法といえます。

また、女性らしい目元を手に入れたい人、顔の印象を和らげたいと願っている人にも大変おすすめです。

 

目尻切開をおすすめできない人

一方で、このような方には目尻切開はあまりおすすめできません。

 

  • 目が離れ目の方
  • きりっとした目元をご希望の方

 

どの治療法にも適正がございます。

患者様のご希望イメージを伺った上で、適切な治療法をご提案させて頂きます。

 

施術について

続いて、目尻切開の概要をご紹介します。

施術時間 約30~40分
ダウンタイム 2~4週間程度、術後の腫れ・むくみが出る場合がある
値段 250,000円(税込 275,000円)
注意事項
  • 手術当日は本・テレビなどを控えてゆっくり休んでください。
  • コンタクトレンズは抜糸後(1週間後)から使用できます。
  • 創部は抜糸まで手を触れないようにご注意ください。
  • 化膿止め、痛み止めを処方していますが、何か異常があれば服用を停止してご連絡ください。
洗顔・入浴・メイク
  • シャワーは当日からOK
  • 入浴は2日目からOK
  • 洗顔・メイクは7〜8日目からOK

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

セレクトクリニックの目尻切開

目尻切開はほとんんどの美容外科クリニックで行われている手術法です。

クリニックによってどう違うのか、どこで治療を受けるべきか迷いますよね。

ここでは当院の目尻切開について、他クリニックとの違いや特徴をご紹介します。

 

計算されたデザインを提供

目尻切開の術式には、「Z形成術」や「V-Yflap」などの種類がありますが、当院では「W形成術(W型形成 )」と呼ばれる術式を用いております。

W形成術の場合、目尻にアルファベットの「W」を横にしたような形でメスを入れていきます。

W形成術は目尻を上下に広げる効果が高く、さらに術後の後戻りのリスクが低い治療法です。

また、当院は大手美容外科で院長を務めたベテラン医師が治療を担当しております。

症例件数が多く、細かなデザインに対応できることも当院の強みです。

 

内出血・腫れ・痛みに最大限配慮

術後の痛みや腫れは、どの患者様も気になる部分かと思います。

初めて手術を受ける場合には、特に不安や悩みが大きいですよね。

 

手術後の経過には個人差がありますが、術後の腫れは早ければ3日、内出血は抜糸後からメイクで隠せる程度になります。

傷跡は2〜3ヶ月もすれば白い細い線のような状態になって目立たなくなるので、ご安心ください。

 

当院では患者様一人ひとりに寄り添い、内出血や腫れ、痛みに最大限配慮した治療をおこなっております。

またカウンセリングは無料でおこなっておりますので、気になることがあればいつでもご相談ください。

 

よくある質問

目尻切開に関してよく寄せられる、患者様からの質問にお答えしていきます。

 

傷跡は目立ちますか?

個人差がありますが、手術後数ヶ月の間は、目尻の炎症によって傷跡が目立つケースもあります

時間が経てば自然と気にならなくなるので、特に心配する必要はありません。

もし赤みが続くようであれば、適切な治療をご提供いたします。

 

どのくらい効果は持続しますか?後戻りはありますか?

目尻切開は目尻に切り込みを入れて広げる手術なので術後は半永久的に効果が持続します。

目元の形によって後戻りするケースが稀にあるとされていますが、当院で採用しているW形成術は後戻りが少ない治療法です。

 

目尻切開の完成はいつ頃ですか?

術後1週間で抜糸のために一度来院していただきます。

個人差がありますが1〜3ヶ月程度で腫れや傷跡が目立たなくなり、その後半年程度で傷跡は肌に馴染んでいきます。

 

目尻切開は誰でも適用ですか?

目尻切開を行うことができるのは、目の外側部分、眼窩の骨がある皮膚までとなります。

診察結果や理想のイメージによっては、目袋除去術やタレ目形成術、脂肪注入といった別の治療法をご提案する場合もあります。

 

腫れはいつ頃まで続きますか?

目尻切開のみであれば、通常約1週間でほとんどの腫れは引いていきます。

結膜が腫れてしまった場合などは、回復までもう少し時間を要することもあります。

 

術後まつ毛は減りますか?

目尻切開は、まつ毛やまつ毛の毛根を傷つけるものではないため、まつ毛が減ることはありません。

ただし、切開して延長した皮膚にはまつ毛は生えてきませんのでご注意ください。

 

目尻切開の失敗にはどのようなことがありますか?

目尻切開の失敗としては、過剰切開、つまり皮膚の切り過ぎがあげられます。

あまりにも目を横に広げてしまうと、白目が目立って冷たい印象になってしまいます。粘膜が露出することで健康にも悪影響がおよび、眼病のリスクも高まります。

目尻切開を行う際は経験豊富な医師の元、治療方針に納得した上で行うようにしましょう。

 

まとめ

目尻切開で目を横に広げることで、女性らしく優しい印象の目元を手に入れることができます。

目尻切開は、寄り目やつり目を改善したい人にとってぴったりの治療法ですが、切開手術には当然リスクも伴います。

治療は経験豊富な医師のもと、デザインや治療方針に納得した上でおこなうようにしてくださいね。

当院では無料カウンセリングを行なっておりますので、目元に関してお悩みがある方はぜひお気軽にご相談ください。

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.

×