表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

ハムラ法のメリット・デメリット・リスクとは?専門医がハムラ法について徹底解説

加齢とともに気になり始める目の下のクマやたるみ。

これらを解決してくれる施術として人気が高いのが「ハムラ法」「裏ハムラ法」と呼ばれる外科手術になります。

目の下の黒クマ解消にも効果が期待できる手術で、結膜部分からアプローチするので手術の傷跡が目立ちにくいのが大きな特徴です。

ハムラ法とは?

ハムラ法も裏ハムラ法も、どちらも目の下にできたふくらみ(眼窩脂肪)を再配置することでクマ・たるみの改善を目指す外科手術です。

それぞれの施術内容とメリット・デメリットは以下のとおりです。

ハムラ法は眼窩脂肪を整える施術

ハムラ法は目の下の皮ふを表側から切開し、眼窩脂肪を陰になっていた部分に再配置することで皮膚のたるみを和らげる施術になります。

施術時にたるんだ皮膚を切除する事ができますので、伸びきった皮膚がシワのような状態になってしまっている重度のたるみを改善したい人に向いています。

適している人

・下まぶたのたるみ・クマが気になる人
・ふくらみとその下に凹みがある人 ・目の下のふくらみが気になる人・目の下がくぼんで影になっている人・疲れている?とよく聞かれる人・目元が老けて見える人
・脂肪採取・注入に抵抗がある人

表ハムラ法と裏ハムラ法の違い

ハムラ法には表ハムラ法と裏ハムラ法との2種類がある

表ハムラ法

ハムラ法は、目の下の脂肪によるふくらみを眼窩の凹みに移動させ、再配置させることで目の下をフラットにする美容整形手術です。

裏ハムラ法との違いは切開する部分にあり、ハムラ法では下まつ毛の生え際に沿って切開をし脂肪を移動させます。また、ハムラ法では伸びてしまった余分な皮膚を同時に切除することも可能なので、目の下のたるみを効率的に改善することができます。

裏ハムラ法

裏ハムラ法はハムラ法と同じく、脂肪の再配置により目の下の膨らみと凹みを同時に改善する目元の手術です。

目の下の凹凸がなくなることで影による黒いクマを解消することができ、明るく元気な目元を作ることができます。

目の下の黒クマのせいで疲れているように見られてしまう方や、老けて見られてしまう方にも人気がある手術です。

裏ハムラ法は結膜部分からアプローチする手術のため、表面に傷が残らないのが大きな魅力です。

仕上がりも自然で手術したことが周りからバレにくいのも人気の要因です。

表ハムラ法のメリット

メリット①:余っている皮膚を切除できる

ハムラ法は、眼窩脂肪によって生じているたるみや脂肪による膨らみ等と一緒に、目の下の窪みを同時に治療する事が可能です。

目の周りの複数の悩みを同時に解消できるため、一度の施術でできるだけ早く理想の目元を手に入れたい方に適しています。

メリット②:よりきれいな形状の目元が目指せる

眼窩脂肪を移動させた後の余った皮膚や筋肉も調整できるので患者様にとって理想的な目元を実現しやすいです。

目まわりの眼輪筋を引き上げてまぶたの形を調節するなど、より綺麗な形状にしやすい事からそのことから、表ハムラは年齢を重ねた後でも取り組むことができ、効果的な術式だと言われています。

ですが切除する皮膚の面積が広すぎた場合では、赤い結膜部分が見える仕上がりになってしまうことがあるので、切除量については慎重に決定する必要があります。

表ハムラ法のデメリット・リスク

デメリット・リスク①:裏ハムラ法よりもダウンタイムが長い

皮膚の表面から切開するので傷が残ってしまうことがあります。

下まつげの1mm~2mm程度下を切開するため、時間が経てば傷そのものは目立ちにくくなりますが、切開するので長めのダウンタイムが必要です。

また、腫れや内出血が現れる可能性があります(※個人差あり)

術後1週間後に抜糸の必要があり、洗顔やシャワーは患部を避ける場合は当日から可能ですが、長湯は控えてください。

運動・飲酒は術後1週間は控える必要があります。

デメリット・リスク②:涙袋が薄くなることがある

人によっては眼輪筋を切開するため、眼輪筋の厚みによってできる涙袋がなくなったり、目立ちにくくなったりします。

涙袋のないすっきりとした顔立ちを好む人には適していますが、涙袋が強調された可愛らしい印象の顔立ちを望むのであればハムラ法は避けたほうがいいかもしれません。

術式によっては涙袋を意識的に作ることも可能ですが、目の形状によっては難しいこともあります。

デメリット・リスク③:外反などの後遺症が残るリスクがある

ハムラ法では下まぶたがあっかんべーの状態になってしまうリスクがありますが、裏ハムラ法ではほとんどありません。

特に外反は高齢になるほど起こしやすいです。あとは眼球の前後関係なども影響します。通常は皮膚の取りすぎでなければ、約3か月程度で外反は落ち着いてきます。

また、外反にならなくても下まぶたが若干下に引っ張られてしまい、白目部分が出がちになることがあります。

この症状は裏ハムラ法がほとんどならないのに比べ、ハムラ法の方が組織の拘縮によりなりやすい傾向にあります。

表ハムラ法が向いている人

  • 50代以上で皮膚の余りが目立つ人
  • もともと涙袋がほとんどない人

一般的に、20代~40代前半くらいまでは皮膚の余りがほとんどないため、余剰皮膚を切除するメリットはなく、裏ハムラ法が適しています。

一方、50代以上になってくると皮膚の余りも大きくなってくるため表ハムラ法を行うメリットが大きくなります。

裏ハムラ法のメリット

メリット①:表ハムラ法に比べてダウンタイムが短い

表ハムラ法と裏ハムラ法では表ハムラ法の方がダウンタイムは長くなる傾向にあります。

表ハムラ法は皮膚を切開して眼輪筋を引っ張り上げているからです。どちらも個人差がありますが、表ハムラ法は1〜2週間は違和感がある事を把握しておいた方がよいでしょう。

また、表ハムラ法では結膜(白目の粘膜のようなもの)がむくんで膨れることがあります。これは2週間から長い時で数か月におよぶこともあります。

しかし、裏ハムラ法は結膜を通じて内側からアプローチする為、外部に傷跡が残りにくいというメリットがあり尚且つ皮膚の表面側から操作しないのでダウンタイムが短いです。

メリット②:涙袋への変化はない・むしろはっきりする

裏ハムラ法で膨らみが軽減できるのは目袋だけで涙袋は増えたり、減ったりはしません。ですが、目袋がスッキリすると涙袋がより強調されるようになります。

一般的には涙袋は目を大きく見せたり、優しげな印象にする効果があるといわれているので、裏ハムラ法の良い副次的効果です。

しかし、元から涙袋のない人にはこの効果は期待できません。目袋が膨らんできて涙袋が目立たなくなってきた人に期待できる効果です。

メリット③:将来起こる眼窩脂肪の減少に備えられる

裏ハムラ法は眼窩脂肪を移動させるため、万が一、将来的に眼窩脂肪が減少したとしても不足する事態を避けられる可能性が高くなります。

眼窩脂肪を切除してしまえば、少しの減少で不足してしまう恐れがあります。

メリット④:皮膚表面を切開しないため傷が見えない

なんといっても顔の表面である目の下の皮膚を切開しない点が大きなメリットです。

下まぶたの裏側、結膜を切開するため傷が見えません。

その為、見た目の問題だけではなく、美容整形の手術を受けたことを周りに悟られにくいという、もうひとつの大きなメリットがあります。

裏ハムラ法のデメリット・リスク

デメリット・リスク①:余っている皮膚は切除できない

目の下のたるみの原因は眼窩脂肪だけでなく、皮膚の場合もあります。

高齢の方の場合、加齢によって肌に潤いがなくなったり、弾力を失うことでたるんでしまうケースが多い傾向があります。

ハムラ法は下まぶたの表面を切開する際、余った皮膚を同時に取り除くことができるため、たるみを改善して若々しい目元にリフトアップすることができますが、裏ハムラ法は皮膚を原因としたたるみに悩んでいる方が手術を受けても皮膚を除去しないので、あまり印象を変えることはできません。

デメリット・リスク②:ダウンタイムがないわけではない

裏ハムラ法のダウンタイムは一般的に1週間程度です。

ですが裏ハムラ法の場合も眼輪筋の動きが一時的に鈍くなるため、笑っても涙袋が出にくい、目の下の感覚の鈍さが出やすいといった症状が現れることがあります。

皮膚のシワ・たるみが強い場合には皮膚の切除を行い、そのままハムラ法を行うのが一般的に表ハムラ法と言われているやり方です。

表ハムラでは皮膚の切除を行うだけでなく眼輪筋を切開して眼窩脂肪に侵入するので、麻痺や皮膚の牽引による外反が起こりやすいです。

一方、裏ハムラ法ではそれらを温存して手術を行いますので身体への負担が軽く、ダウンタイムも短くて済みます。皮膚を切除しないので、仕上がりも自然なのが裏ハムラ法です。

裏ハムラ法が向いている人

皮膚の余りのない人

裏ハムラ法は皮膚表面からアプローチする方法ではないので皮膚の切除は行いません。

ですが眼窩脂肪だけでなく、皮膚のたるみが目の下のふくらみをつくり出している場合では皮膚切除も同時に行わないとしっかりとしたクマ取り効果を実感できないことがあります。

すなわち、皮膚切除をしない裏ハムラ法は皮膚のたるみが比較的少ない方に向いているクマ取りだということが挙げられます。

皮膚のたるみは年齢とともに目立ってくるという特徴があるので、裏ハムラ法は皮膚のたるみが少ない、比較的若い年代の方に向いているクマ取りとして捉えることもできます。

もともと涙袋がある人

裏ハムラ法は瞼の裏側から眼窩脂肪の移動を行うことによって目袋の膨らみとその尾側の窪み(クマ)を改善する方法ですが、症例によっては涙袋を強調させる副次的効果があります。

一般的にふっくらとした涙袋は顔貌を若々しくし、また目おを大きく見せる効果もあり好まれるものです。

セレクトクリニックのハムラ法・裏ハムラ法の料金

表ハムラ法

550,000円(税込605,000円)

裏ハムラ法

400,000円(税込440,000円)

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

ハムラ法のメリット・デメリット・リスクまとめ

目の下のたるみを解消し、目元の若返りを再現してくれるハムラ法と裏ハムラ法。

どちらもクマやたるみの状態に合わせて適切に再配置しなければ思うような効果が得られないため、医師の技量が問われる施術です。

特にハムラ法は皮膚の表面を切開し、不要な皮ふを切除することで美しい目元を再現するため、形成外科の知識と美容外科の技術が問われます。

セレクトクリニックでは、日本形成外科学会 認定専門医の経験豊かなドクターが施術を担っています。

たるみの改善にハムラ法や裏ハムラ法が気になっているという人はぜひご相談ください。

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.