MENU

【人中短縮術】セレクトクリニック |美容外科で鼻下を短く整形

人中短縮術とは、鼻と唇の距離を縮める美容整形手術のことを指します。

鼻下が短くなるため、間延びした顔の印象をすっきり整え若々しく見せてくれます。

人中短縮術は顔のバランスを整える有効な治療法ですが、「皮膚を切開するので心配…」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、数多くの実績があるセレクトクリニックの人中短縮術の特徴やよくある質問、実際の症例についてご紹介します。

 

人中短縮術(リップリフト)とは?

詳細はこちら

人中(じんちゅう)は、鼻の下から唇にかけて縦にある溝のことを指します。

この人中の長さを外科手術によって短くするのが、人中短縮術です。

具体的には、鼻の付け根の皮膚を切除し、鼻の筋に沿って目立たないように縫合します。このようにして口輪筋(こうりんきん:口を閉めたり、前に尖らせたりするときに使う筋肉)を鼻に近づけ、人中を短くします。

別名「リップリフト」とも呼ばれる施術法です。

 

普段、人中の長さを意識しないという方もいるかもしれませんが、鼻下の長さは顔の印象を大きく左右する部分です。鼻の下が長いと、間延びしてサル顔のようなのっぺりした印象を与えてしまいます。

整形手術以外で鼻の下を短くするには、リップライナーを使ってオーバーリップにしたり、唇の上にハイライトをいれたりするメイク方法が挙げられます。しかし化粧は一時的な手段なので根本的な解決にはなりません。

人中短縮術なら、ナチュラルに鼻の下と唇のバランスを整えることができるため、自然で美しい口元を手に入れられます。

 

表参道院ホームページ

 

おすすめの人

  • 鼻の下が長く見えるのが気になっている方
  • 間延びした顔の印象を変えたい方
  • 引き締まった上向きの唇を手に入れたい方
  • 加齢による鼻の下のたるみにお悩みの方

 

 

セレクトクリニックの人中短縮の手術について

 

下顔面のバランスを意識して施術を行う

人中短縮術をするうえで特に重要なのが、下顔面のバランスです。

一般的に、鼻の下から上口唇までと、あご下までの長さの比は1:2が理想的だと考えられています。

当院の人中短縮術では、この黄金比に近くなるように、顔のバランスを意識して施術を行います。ただし黄金比はあくまでも目安です。皮膚の状態やその他のパーツとのバランスも見ながら、その人に合った鼻下の長さになるように、丁寧に調節していきます。

 

ゆっくり丁寧なカウンセリング

いざ人中短縮術をしようと思っても、初めての整形外科手術に不安を感じる方も多いでしょう。

当院では、時間をかけて丁寧にカウンセリングを行っています。

手術に関する疑問や不安は、カウンセリングでしっかり解消しておきましょう。

当院ではカウンセリングで仕上がりイメージを共有し、納得いただいてから施術に入ります。

 

豊富な技術

当院では、経験豊富な医師が人中短縮術を行います。

すべての医師が大手美容クリニックで院長を歴任しており、5万症例以上をこなしてきたベテランばかりです。

豊富な技術力があるからこそ、自信を持って施術を提供しています。

 

料金

施術名 料金
人中短縮術 300,000円(税抜)

 

 

症例写真

人中短縮(左:施術前 右:OP直後)

 

人中短縮(左:施術前 右:1週間後)

その他施術

 

施術の流れ

①カウンセリング

経験豊富な医師が、丁寧なカウンセリングにより手術に関する疑問をヒアリングします。

カウンセリングは、患者様と仕上がりのイメージを共有し、納得いただいてから施術に進むために重要なステップです。施術に関して不安なことがあれば、カウンセリングでお尋ねください。

 

②麻酔

施術は局所麻酔をしてから行います。必要に応じて、痛みを和らげる麻酔や薬の投与も可能ですので、ご不安な方は医師にご相談ください。

 

③手術

鼻の下の部分を切開して皮膚を切除し、丁寧に縫合します。

麻酔が効いた状態で行うため、手術中の痛みはほとんどありません。手術は30~40分程度で完了します。

 

④手術後

手術が完了したら、看護師より注意事項の説明がございます。

手術後は腫れるので、鼻の下を伸ばしたり、強く鼻をかんだりするような行為は避けてください。

 

⑤アフターケア

手術後に腫れや痛みが出る場合があるので、腫れや痛みを和らげる薬を処方します。

医師の指導の元、一定期間服用をお願い致します。

 

⑥抜糸

手術から約1週間後、抜糸のために再度来院いただきます。

抜糸後は、洗顔やメイクが可能です。

抜糸を経て一連の施術は終了となりますが、何か気になる点があれば、お気軽にご相談ください。

 

ダウンタイム|注意事項

手術当日までの注意事項 ・持病や服用中の薬がある場合は、医師にお伝えください。

・手術前日のアルコール摂取は控え、しっかりと睡眠をとってください。

・手術の直前にメイクは落としていただきます。

ダウンタイム 【腫れ】

術後は患部が腫れます。個人差はありますが、腫れは3日間~1週間ほどで落ち着くケースが多いです。その後1~2週間で、より自然な状態となります。

【内出血】

内出血で患部が赤紫色になることがありますが、メイクで隠せる程度です。1~2週間で落ち着きますので、大きな心配はいりません。

【その他】

1ヵ月ほどは赤みが残りますので、コンシーラーでカバーしてください。まだ硬さなどの違和感は3~6ヵ月の時間の経過とともに解消されていきます。

洗顔・メイク ・手術当日は、患部は絶対に濡らさないでください。

・手術翌日からは、鼻の周囲は水やお湯のみでの洗顔が可能です。

・抜糸後は、鼻の周囲も含めてメイク、洗顔、クレンジングは可能です。

シャワー・入浴 ・鼻の周囲を濡らさないようにすれば、手術当日からシャワーは可能です。

・入浴は血行を促進させ腫れが強くなることがあります。手術後3日間は入浴を控えてください。

運動・飲酒 ・術後1週間は、飲酒や運動はお控えください。激しい運動は、術後1ヵ月ほど経過してからにしてください。
その他の注意事項 ・術後1ヵ月は、強い力での顔のマッサージ、歯の治療、長時間のメガネの使用、うつぶせ寝は控えてください。

・患部をむやみに触らないでください。ぶつけることのないよう、ご注意ください。

・術後1ヵ月は、鼻の下を伸ばす、強く鼻をかむなどの行為は控えてください。

・ごくまれに、傷口に炎症や感染が起こる場合があります。強い腫れや痛み、発熱などが出た場合は、早めに当院の医師の診察を受けてください。

 

よくある質問

Q:人中短縮術で切らない整形はありますか?

A:当院では、切開による人中短縮術のみ実施しております。

 

Q:傷は目立ちますか?

A:鼻の下のシワに沿って縫合するため、抜糸後の傷跡は近くでじっと見ない限り気になりません。

手術の傷跡や赤みは2~3ヵ月ほど残りますが、時間が経つにつれてほとんど目立たなくなります。

 

Q:笑った時にガミースマイルになりませんか?

A:人中短縮術は上唇を引き上げる施術法のため、もともと歯茎が見えやすい人は、リップリフトによってガミースマイル(笑ったときに歯茎が大きく見えてしまうこと)になりやすい可能性があります。

ただし、人中短縮術によって引き上げるのは5~7mm程度のため、大きな心配はいりません。

患者様に合わせて、顔のバランスを見ながら最適な施術法を提案します。ご不安な方は、カウンセリング時に医師にご相談ください。

 

Q:術後の腫れや痛みが心配です

A:術後1~2日は腫れが残りますが、1週間ほどで腫れはひいて自然な口元になります。

また、術後3日間程度は痛みが出る場合もあります。腫れや痛みを和らげるために抗生剤や痛み止めを処方しますので、必ず内服してください。人によっては内出血することがありますが1~2週間ほどで落ち着きます。

 

Q:大阪や福岡にクリニックはありますか?

セレクトクリニック大阪院

大阪院詳細

A:2020年3月26日に大阪茶屋町院が新規開院いたしました。福岡ではまだ開業の予定はありません。

 

 

 

まとめ

人中短縮術は、鼻の下を短くする施術法です。

間延びした顔の印象を引き締める、上向きの美しい唇になる、鼻の下のたるみを解消に導いて若々しく見せるなど、さまざまな効果が期待できます。

人中短縮術に興味のある方は、豊富な技術力を誇るセレクトクリニックがおすすめです。ベテランの医師が丁寧にカウンセリングを行い、不安を解消してから施術に入るので、美容外科手術が初めての方でも来院しやすい環境を整えています。

当院のカウンセリングは無料でおこなっておりますので、お悩みがある方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.