表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

SCARLESS(傷跡修正)アートメイクで施術可能な傷跡とは?

スカーレスとは?

スカーレスとは、ストレッチマーク(妊娠線、肉割れ)、傷跡などを医療アートメイクの技術によって施術部位に色素を注入し色味を調整することで傷跡を目立たなくさせる施術です。
このように治療困難だったストレッチマークや傷跡などの症状を医療アートメイクで治療が可能となりました。施術箇所を完全に消したり、治す治療ということではなく、専用の針を使用して皮膚に色素を定着させて、施術部位の色調のムラを軽減し目立たなくすることを目的とした施術です。

スカーレスで修正できる傷跡

  • 効手術の傷跡(切開、脂肪吸引、フェイスリフトの跡など)
  • 脂肪吸引後などの傷跡の黒ずみ
  • お尻、膝、肘の黒ずみ
  • 小範囲の火傷跡
  • ストレッチマーク
  • 時間が経って白くなった妊娠線
  • 手術跡、傷跡(ケロイドでなければ可能)
  • へこんだ傷跡(萎縮性瘢痕)
  • 火傷の跡
  • リストカット
  • 豊胸手術等の際に、乳輪付近を切除した箇所

※ケロイドや炎症が起こっている傷、発生から1年以内の傷には施術が行えません。

ストレッチマークができる原因

急な体重増加

皮膚が過度に伸びると、コラーゲン線維の結合が一部破壊され肉割れが起きる場合があります。

副腎皮質ホルモン過多

思春期における胸の発達、急成長といった二次性徴に関連して肉割れが起きる場合があります。

妊娠

妊娠女性の90%に妊娠線ができると言われています。妊娠によって腹部の皮膚が伸び、女性ホルモンや副腎皮質ホルモンも一緒に増加するためだと考えられます。

ホルモンバランス

ホルモンバランスも肉割れに関係があり、クッシング症候群の患者や副腎皮質ホルモンを長期投与や塗布している場合に発生する場合があります。

遺伝

一卵性双生児は肉割れが同じように発生する、遺伝子的素因も影響していると考えられます。

 

スカーレスの特徴

最新のAI技術、肌色をチェックする専用アプリ「Skin52STP」を使用し、注入する色素を周囲の皮膚の色味に馴染むよう調合していきます。そのため自然にストレッチマークや傷を目立たなくすることができます。

スカーレス 傷跡修正について詳しく

 

料金

施術 料金
ストレッチマーク(お腹/お尻) 1箇所 175,000円(税込192,500円)
傷跡修正 1箇所 80,000円(税込88,000円)

 

注意点

施術時間

30~120分前後(部位や範囲により異なります)

ダウンタイム

個人差がありますが、3日〜2週間ほど軽度の腫れ・赤みが出て徐々に色が安定していきます。

リスク・副作用

腫れ、発赤、アレルギー、感染、色素沈着など

来院の目安

リタッチは1ヶ月後です。その後は1年~1年半ほどの間隔で施術をお勧めします。

アフターケア

保護テープを貼った場合は2時間後に剥がしてください。1週間はワセリンで保湿してください。

シャワー

翌日から可

入浴

一週間後から可

メイク

赤みが引いてから可

※ 赤い状態の妊娠線や肉割れの施術はあまり効果が得られません。色ムラを軽減することが目的になります。完全にストレッチマークを消したり、凹凸を無くしたりする効果はありません。
施術後2週間程度は激しい運動や日焼けは避けてください。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.