MENU

人中短縮術(リップリフト)|美容整形のことならセレクトクリニック

美容整形というと、目や鼻などの治療をイメージする人が多いですが、意外に多い相談のひとつが『鼻下の距離』についてです。

鼻下の距離は、実は顔のバランスを左右する重要な部位なので、悩まれている方が意外に多いのです。

 

そこで、今回ご紹介したい治療が『人中短縮術』という美容整形手術です。

人中短縮術とは、鼻と唇の距離を短くすることで顔のバランスを整え、美しい顔立ちに導く治療法です。

今回の記事では、人中短縮術に期待できる効果、当院の人中短縮術の特徴について詳しく解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

人中短縮整形(リップリフト)について

詳しくみる

リップリフトは、鼻の下から唇に向かって伸びている溝(人中)の長さを短くする施術法です。

鼻の下の長さは、顔全体のバランスや口元の美しさにも影響を与える重要なパーツです。

メイクで鼻の下を短く見せるには、リップライナーを使ってオーバーリップにしたり、唇の上にハイライトをいれたりする方法があります。しかしメイクはあくまで一時的な手段にしか過ぎません。いつどんなときも美しい口元でいるためには、美容整形による手術も選択肢のひとつです。

人中短縮術では、鼻の下を切開して皮膚の一部を数mmほど除去し、鼻の下を引き上げて縫合します。鼻の下の付け根の筋に沿って切開するため、傷痕がほとんど目立たず、自然な仕上がりになります。鼻の下の長さにお悩みの方や、加齢とともに口元の皮膚がたるんでしまった方におすすめです。

 

期待できる効果

人中短縮術には、以下の効果が期待できます。

 

リップリフト効果

人中短縮術では、鼻の下の皮膚を持ち上げて縫合するので、口輪筋(口を閉めたり、前に尖らせたりするときに使う筋肉)が引き上げられます。上唇が上向きになってボリュームが増すので、リップリフト効果が期待できます。

特に、加齢により鼻の下の皮膚や口輪筋がたるんでしまっている人は、上唇も下がりやすくなっています。

上唇が薄くなった、唇のボリュームが減ったという方は、人中短縮術により上向きで若々しいリップを手に入れられます。

 

顔のバランスを整える効果

顔の美しさは、個々のパーツの形や大きさだけではなく、全体のバランスで決まります。

特に鼻の下から口元にかけては、顔の下半分のバランスを取るのに重要な部分です。

一般的に、鼻の下から上唇まで、および下唇からあご下までの理想的な長さの比は、1:2といわれています。

人中短縮術で鼻の下の距離を黄金比に近づることで、顔のバランスを整える効果が期待できます。

 

セレクトクリニックの人中短縮術の特徴

セレクトクリニックでは、5万症例以上をこなしてきたベテラン医師が施術を担当します。

顔にメスを入れるのが怖い、リスクなどが心配…。という人はぜひ当院での治療を検討してみてくださいね。当院の人中短縮術の特徴をご紹介します。

 

バランスを意識しながら施術を行う

鼻の下や口元は、顔のバランスに影響を与えます。

鼻の下から上唇までと、下唇からあご下までの長さの比を、一般的に理想とされている1:2に近づけるように施術をします。

ただし、この黄金比はあくまでも目安です。各パーツの大きさや顔全体のバランスを見ながら、患者様一人ひとりに合わせた方法で治療をおこないます。

 

傷跡が目立ちにくい縫合

美容整形手術を行う上で、一番心配なのは術後の仕上がりではないでしょうか。

人中短縮術は、鼻の下や小鼻の際など境界線がある部分を切開するので、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。また、傷跡が鼻の穴の陰に隠れるように微調整することもできるので、術後の傷跡はあまり目立たないでしょう。

当院では、経験豊富な医師が術後の傷跡が目立たないよう、丁寧に縫合しますのでご安心ください。

 

丁寧なカウンセリング

初めての整形外科手術に不安を感じる方もいるでしょう。

当院では施術前に、ゆっくりと時間をかけて丁寧なカウンセリングを行っています。

カウンセリングは、患者様の理想をヒアリングし、仕上がりのイメージを共有するうえで欠かません。カウンセリングで、施術内容や仕上がりのイメージに納得していただいてから、施術に移ります。

手術に対して疑問点がある場合は、カウンセリングでしっかり確認し、不安を解消しておきましょう。

 

費用

施術名 費用(税抜)
人中短縮術(リップリフト) 300,000円

 

症例写真をみる

注意事項とダウンタイム

【注意事項】

  • 手術当日は、患部を濡らさないようにご注意ください。
  • 洗顔は手術翌日から、メイクは抜糸後から可能です。クレンジングや洗顔では、鼻の周囲を強くこすらないように気をつけてください。
  • 血行を促進させると、腫れがひどくなる可能性があります。入浴は術後3日が経過してからにしましょう。さらに、術後1週間は飲酒・運動・サウナは控えてください。
  • 患部に負担をかけないようにご注意ください。特に術後1ヵ月は、鼻を強くかむ、強い力で顔をマッサージする、うつぶせで寝るなどの行為は控えてください。
  • ごくまれに、傷口から感染症を起こすことがあります。強い腫れや痛み、発熱などが現れた場合は、早めに当院の医師による診察を受けてください。

 

【ダウンタイム】

  • 術後に、腫れ・内出血などが見られます。個人差はありますが、1~2週間ほどで落ち着き、自然な状態になります。
  • 傷跡の赤みがしばらく続くことがありますが、コンシーラーで隠せる程度です。赤みは徐々に消えて、1ヵ月ほどでほとんど目立たなくなります。

 

よくある質問

Q:切らない人中短縮術はありますか?

A:人中短縮術とは異なりますが、鼻の下や上唇にヒアルロン酸注入を行い、鼻の下を短く見せることが可能です。切開しない方法で人中の長さを整えたい、という方におすすめの方法です。

ただし、ヒアルロン酸注入による人中短縮には適正があります。「なるべく手軽に施術を受けたい」という方は無料カウンセリングにてご相談ください。

 

Q:傷跡は目立ちますか?

A:リップリフト術では、鼻の下の付け根や小鼻と頬の境目などを切開します。もともと境界線やシワがある部分なので、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。施術直後でも鼻の下をじっくりと見ない限り、それほど目立ちません。

傷跡や術後の赤みなどは約1~2ヵ月で消失します。患部の赤みは、抜糸後であればコンシーラーで隠せる程度です。

 

Q:施術後に違和感はありますか?

A:口輪筋を持ち上げて縫合するため、上唇が引っ張られているような違和感がありますが、術後1~2週間ほどで解消されていきます。また、硬さなどの違和感は3~6ヵ月ほど残りますが、時間の経過とともにおさまります。日常生活に支障があるものではないのでご安心ください。

 

まとめ

鼻の下や口元は、顔全体のバランスを左右する重要なパーツです。

人中短縮術で、鼻の下のバランスを整えることでより美人顔に近づけることが可能です。

当院では、無料でカウンセリングを行っております。

鼻の下のバランスが気になる…。年々鼻の下が伸びてきた気がする…。という方は、ぜひ一度ご相談にいらしてくださいね。

当院のベテラン医師が、あなたの理想を叶える方法をご提案させて頂きます。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.