表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

ポテンツァ(POTENZA)とは? 症状別に美容効果を解説します。

ポテンツァとは


ポテンツァは、ダーマペンのようなマイクロニードル(極細の針)を進化させた医療機器です。RF(高周波)エネルギーをマイクロニードル先端から出力しながら、ニードルを皮下へ刺入し、針先からRFを照射することで、表皮に熱損傷を起こすことなく真皮層に直接熱エネルギーを与えます。また、ポテンツァは多彩なチップを備えており、「若返り」を目的するリジュビネーション治療のみならず、ニキビ・ニキビ跡・小ジワ・毛穴・肝斑・赤ら顔・タイトニングなどの様々な治療に適応している事が最大の特徴です。

症状別に見るポテンツァの美容効果とは

ニキビの治療とニキビ跡のクレーター

ニキビは皮脂が過剰分泌されることで毛穴の出口が詰まり、中で炎症が起きている状態を指します。ポテンツァはニキビ治療に特化した単針のニードルを用いて、ニキビに直接高周波RFを照射し皮脂腺を焼くことが可能です。
皮脂腺は一度破壊すれば再生されないため、ニキビの根本治療ができます。ニキビが頻繁にできたり、同じ箇所に繰り返しニキビができたりする方に向いています。
またポテンツァはコラーゲンなどの美容成分の生産と創傷治癒力を強化します。針と高周波RFが細胞の活性化を促し、また、その後で創傷治癒力が働き肌の生まれ変わりが行われるため、ニキビ跡のクレーターといった皮膚の凹みを改善するのに効果的です。

シワやたるみ、毛穴の開きを改善

シワやたるみは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの減少が原因です。コラーゲンやエラスチンは肌の弾力を保つ重要な役割を担っています。
加齢や紫外線によってコラーゲンが減少すると肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみとなってあらわれます。ポテンツァは針を刺して真皮層に直接高周波RFの熱を加えることで、皮膚の創傷治癒能力を高めます。
真皮層にある繊維芽細胞が熱の影響により活性化しコラーゲンの生成が促進されるので、シワやたるみの改善が期待できます。また、開いた毛穴の引き締めにも効果的です。

ダイアモンドチップ

ポテンツァにはたるみ治療用のダイアモンドチップがあります。顔や首回りの引き締め以外にも真皮層に原因のある症状(たるみ・シワ・ニキビ跡・毛穴の開き)を肌内部から改善できます。
さらにダイアモンドチップとHIFUを組み合わせると、照射エネルギーが深い層から浅い層まで届くためリフトアップとタイトニングが同時に期待できます。針を刺さない治療なのでダウンタイムや痛みがありません。口周りのたるみや小顔になりたい方に向いています。

赤ら顔

赤ら顔の原因にはいくつかの要因がありますが、皮膚の表面が赤く浮き上がって見える場合は「毛細血管拡張症」の可能性が考えられます。毛細血管拡張症とは、何かしらの要因で血流が悪くなり毛細血管が広がったり、血流を確保しようと新生血管が増生されたりすることで起こる状態です。特に頬や鼻の周りには毛細血管が集まっているため、症状が出やすいといわれています。
ポテンツァは真皮層にある毛細血管に高周波RFで熱を与えることで、新生血管が作られるのを抑制し毛細血管拡張症を改善する効果が期待できます。

肝斑治療

肝斑は頬や目尻などに輪郭がもやっとした形で現れるシミです。紫外線やホルモンバランスの乱れによりメラノサイトが活性化されることが原因と考えられています。一般的なシミ治療はメラニンを破壊する治療です。シミ治療に使用するレーザーやフォトフェイシャルを肝斑に当てると、逆にメラノサイトが刺激されてしまい、シミが濃くなってしまう為、使用できません。肝斑治療には出力の弱いレーザートーニングが使われますが、色素沈着と白斑(白抜け)といった副作用が出る可能性があります。
しかし、ポテンツァはメラノサイトを破壊するのではなく、肝斑の原因といわれているメラニンの産生を抑制します。そのため、従来の肝斑治療で起こる色素沈着や白斑といった副作用や、再発の可能性のリスクを抑え、肝斑を除去することができるのです。ポテンツァは、肝斑の改善に高い効果を発揮する治療法だといえます。

ポテンツァはセレクトクリニック 新宿院にて施術を受けることが可能です。

セレクトクリニック 新宿院

 

ポテンツァの持続効果

ポテンツァの効果を実感しやすい時期は、施術目的や患者様お一人おひとりの肌状態や治療目的などにより、様々です。
下記、目安となる施術頻度と施術回数をご紹介致します。
(※ 症状やお肌の状態には個人差があるため、全ての方に当てはまるわけではありません。)

症状 施術頻度 効果を実感しやすい施術回数
ニキビ 4~6週間に1回 1~3回
ニキビ跡 4~6週間に1回 3~5回
傷跡 4~6週間に1回 浅い傷跡の場合3~5回、深い傷跡の場合5~10回
小じわ 4~6週間に1回 2〜3回以上
毛穴の開き 4~6週間に1回 3回以上
肌のたるみ 1か月に1回 1回以上
赤ら顔、酒さ 1か月に1回 3回以上
肝斑 1~2週間に1回 5~10回
首のたるみ 1か月に1回 3回以上
タイトニング治療 1か月に1回 1回以上

セレクトクリニックでは、一人ひとりの肌状態に合わせた施術タイミング・施術回数を医師の診察時にご提案しております。
俺お肌のお悩みや、気になる肌状態がある時は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

料金

施術 料金
ニキビ跡/クレーター ¥95,000(¥104,500税込)
肝斑/美肌/陶器肌 ¥60,000(¥66,000税込)
毛穴 ¥85,000(¥93,500税込)
赤ら顔 ¥40,000(¥44,000税込)
ニキビ汗管腫/ブラックヘッド ¥30,000(¥33,000税込)
ダイアモンドチップ ¥60,000(¥66,000税込)

 

よくある質問

ポテンツァの痛みはどれくらいですか?

治療内容やニードルの深さにより、痛みは異なります。治療前に麻酔クリームを使用し痛みを抑えます。治療後は火照っているような熱感を感じる場合がございます。経過には個人差がありますが、3~4日程続く場合がございます。施術中は痛みの様子を伺いながら治療をすすめていきますが、万が一、痛みに耐えられない場合は出力の調整、施術範囲を絞って行うことも可能ですのでお気軽にお申し付けください。(ダーマペンよりは少し痛みが強いかもしれません)

施術前後に気をつける事などはありますか?

ホームスキンケアでは、高濃度のビタミンAやピーリングを使用中でお肌が薄くなっている方、お肌の皮が剥離中の方は施術を受けられない場合があります。
また、施術直前に強いピーリング施術や、他の施術のダウンタイム中の方も施術が受けられない場合があります。

施術後、メイクはできますか?

施術後、当日中はメイクを控えてください。翌日以降であれば可能です。

施術後の赤みや乾燥が気になります。どうしたらいいですか?

ポテンツァは、ダーマペンよりダウンタイムが短い施術です。その為、施術直後から肌に赤みが出ても、施術翌日にはほとんどの場合で症状は治まる事がほとんどです。時間が経過するにつれて少しずつ赤みが引きますのでご安心ください。また、乾燥が気になる場合には、保湿をしっかりしてください。
皮膚の再生を促すために、フェイスパックなどの使用もおすすめです。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.