表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

ピーリングは毛穴のケアにおすすめ?いちご鼻に効果あり

シミやシワといった肌悩みに加え、多くの方が気にしているのが「毛穴トラブル」ではないでしょうか。

鏡で見たときはもちろんメイクが上手く乗らなかったり、黒ずんで見えたりと悩みの種類も人によってさまざまです。

毛穴ケア化粧品を使ってもなかなか改善せず、長年同じ悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

本記事では、そんな毛穴悩みに効果的とされる「ピーリング」についてご紹介します。

一体どんな仕組みで毛穴が綺麗になるのか、美容医療でのピーリングはセルフケアと何が違うのかも併せて見ていきましょう。

ピーリングとは?

ピーリングとは、肌に薬品を塗って時間を置くことで表面の角質層を溶かしたり剥がれやすくしたりする施術です。

セルフケアで行うもの、エステサロンで行うもの、そして美容医療として行うものでは違いがあるため、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずセルフケアやエステサロンで行われるピーリングは、フルーツ酸(AHA)を用いたものが主流です。

肌に影響を与えにくい酸であるため、肌トラブルが起こりにくい一方、毛穴への効果もマイルドであるのが特徴です。

主に肌表面を滑らかに整えたり、古い角質をはがれやすくしてターンオーバーを整えるために行われます。

これに対し美容医療として行うピーリングは、「ケミカルピーリング」と「カーボンピーリング」の2種類に分けられます。

ケミカルピーリングはセルフケア同様薬剤を使って行いますが、トリクロロ酢酸(TCA)、フェノールなど刺激の強いものも扱えるのがポイントです。

これらは皮膚の表面を軽く溶かす効果があるため、肌が自己再生をする過程で新たな細胞が生まれやすくなり、毛穴はもちろんニキビやニキビ痕・シミなどの改善に役立ちます。

マッサージピールなど肌内部に働きかけるものは、線維芽細胞の活性化を狙い、コラーゲンの増殖を目的としています。

また、カーボンピーリングは黒い薬剤を肌に塗った状態でレーザーを当て、薬剤と共に古い角質を蒸発させるものです。

こちらはレーザーが肌の奥深くにまで到達するため、真皮層でコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、ハリのアップが目指せるのも特徴です。

本気時では、上記の中から美容医療で行われる「ケミカルピーリング」についてご紹介します。

カーボンピーリングに比べて受けられるクリニックも多く、よりメジャーな施術といえるでしょう。

関連記事:ベビーコラーゲンの効果は?メリット・デメリットや効果的な部位、おすすめな人や施術の流れを解説

ピーリングの効果について

ピーリングを受けることで肌はどのように変化するのか、期待できる効果について見てみましょう。

単に毛穴を目立たなくさせるためだけでなく、さまざまな肌トラブルにアプローチできるのが特徴です。

悩みの種類が多い方や、何から手をつけて良いか分からない方も挑戦する価値のある施術といえます。

毛穴の詰まりを解消

毛穴からは常に皮脂が分泌されており、これが洗顔で落としきれずに溜まると毛穴に詰まってしまいます。

詰まった皮脂は時間が経つにつれて酸化し、次第に黒ずんでいきます。

いちご鼻のように黒くぽつぽつした毛穴が目立つのは、皮脂が酸化した状態であると覚えておきましょう。

ピーリングではこういった毛穴の詰まりを解消する効果が期待できます。

定期的にピーリングを受けることで毛穴内部が正常に保たれ、中身のない毛穴はキュッと引き締まった状態になります。

皮脂が溜まらないことで菌の増殖を抑え、ニキビ予防にも繋がるでしょう。

毛穴の詰まりを解消するためには、ピーリングの他に圧出施術も効果的です。

どちらを受けるべきかは肌の状態によって異なるため、カウンセリング時に医師と相談することが大切です。

肌のターンオーバーを促進

通常私たちの肌は28日前後で細胞が生まれ変わっています。肌の内部で新しい細胞が生まれると同時に、肌表面の古い細胞が剥がれ、排出されていきます。

これを「肌のターンオーバー」と呼び、ターンオーバーが正しく行われていることこそが美肌作りの第一歩といえるのです。

ターンオーバーがうまくいかない原因はいくつか考えられますが、そのうちの一つに「角質肥厚」が挙げられます。

これは剥がれ落ちるべき古い角質がそのまま残ってしまい、新しい細胞が生まれにくくなっている状態です。

このままでは角質部分にあるシミやニキビも改善されず、頑固な肌トラブルとして残ってしまいます。

ピーリングを受けると古い角質が溶けて剥がれ落ちやすくなるため、自然と新しい細胞が生まれやすくなります。

トラブルを抱えた細胞がどんどんと生まれ変わることで、シミやニキビなども改善されやすくなるのがポイントです。

くすみの改善

くすみが起こる原因は人によってさまざまですが、特に多いのが紫外線や摩擦によるダメージから肌を守るべく、メラニン色素が生成されるためであるとされています。

これがピンポイントで起こるとシミになり、肌の広範囲で起こると全体的なくすみに繋がります。

また、先程もご紹介したように、肌のターンオーバーが乱れて角質が厚くなることもくすみの原因のひとつ。

これらのくすみは、ピーリングにより肌の表面を溶かし、ターンオーバーを促進することで改善が期待できます。

メラニン色素のない新しい細胞が生まれれば、くすみのない透明感溢れる肌を目指せるでしょう。

同時に肌の乾燥を防ぎ、保湿力の高いスキンケアアイテムを選ぶこともくすみ改善の第一歩といえます。

スキンケアの浸透力向上

古く乾燥した角質が肌の上に溜まっているとスキンケアが浸透せず、理想の効果を発揮できない場合があります。

保湿力重視のスキンケアはもちろん、シワ改善や美白などさまざまな目的のスキンケアアイテムが登場しています。

中には高価なアイテムも多数あるため、せっかくならばその働きを十分に活かしたいところです。

ピーリングで厚くなった角質を剥がすと潤いに満ちた肌細胞が現れ、スキンケアが浸透しやすくなります。

化粧水や乳液だけでなく、美容液などのスペシャルケアも入り込みやすくなるため、定期的なピーリングで肌の土台を整えておくと良いでしょう。

さまざまな肌トラブルの改善

ピーリングによって肌の状態が正常に保たれると、乾燥によるシワやたるみ、毛穴詰まりによるニキビ、メラニン色素が増殖することで起こるシミやくすみなど、さまざまな肌トラブルの改善を目指せます。

定期的にピーリングを受けて正常な状態が続けば、今後起こりうる肌トラブルを防ぐことができ、肌質の改善にもつながるでしょう。

関連記事:美容点滴の効果を種類別に解説!持続期間や料金・施術の流れなども紹介【2024年版】

ピーリングはいちご鼻の改善に特に効果的

一言で毛穴の悩みといっても、その種類はさまざまです。まずは以下の表を見て、自分の毛穴がどの状態に当てはまるのか確認してみましょう。

毛穴の種類 特徴 効果的な美容医療
詰まり毛穴 毛穴の中に白や黒の汚れが見える

ざらざらする

イソトロイン内服

ピーリング

ダーマペン

ポテンツァ

メラニン毛穴 毛穴全体が茶色く色づく

ざらざらしない

レーザー
開き毛穴 丸く穴が開いたように見える ダーマペン

ポテンツァ

レーザー

たるみ毛穴 毛穴の形が楕円形

肌を引っ張ると目立たなくなる

ハイフ

ポテンツァ

産毛の目立つ毛穴 毛穴から目立つ毛が生えている 医療脱毛

上記のように、毛穴悩みは種類ごとに適切な美容医療が異なります。

もちろんピーリングである程度の効果が見られる場合も多いですが、特に効果的なのは詰まり毛穴に対してです。

また、詰まり毛穴が酸化することで起こる「いちご鼻」の改善にもピーリングが役立ちます。

鼻周りは紫外線の影響を受けやすく、皮脂が溜まりやすいため、皮脂が酸化し黒ずみやすい部位です。

定期的なピーリングで頑固な黒ずみを解消し、ツルツルとした手触りの鼻を目指しましょう。

ピーリングが「効果ない」と言われるのはなぜ?

さまざまな肌悩みに効果的だといわれるピーリングですが、一部では「効果がない」といわれることがあります。

これは自宅でできるセルフケアや、エステサロンで行うマイルドな刺激のピーリングに肌悩みを改善するだけの力がないことが原因だといえます。

中には性能が良くない機器や薬剤が販売されていたり、高価な薬剤でも正しく使用できていなかったりしたために、効果だけでなく新たな肌トラブルを招く危険性もあります。

セルフケアやエステサロンで行うピーリングは、あくまでも「今後の肌トラブルを防ぐ」といった目的で行われるものであり、ただちに今あるトラブルを改善する効果はありません。

肌悩みをどうにかしたいといった希望のある方は、必ず美容医療でのピーリングを検討しましょう。

美容クリニックで毛穴ケアピーリングを受けるメリット

美容医療としてのピーリングは、毛穴ケアを考えている方にピッタリの施術です。

具体的にどのような点がセルフケアやエステサロンと異なるのか、3つのメリットをご紹介します。

1.高濃度の薬剤を使用

セルフケアやエステサロンでの施術と比べ、美容医療では医師や看護師などの有資格者が施術を担当するため、高濃度の薬剤を使えるといったメリットがあります。

高濃度であればより肌に浸透しやすく、肌の内部からターンオーバーを促したり、コラーゲンの生成を促進させたりといった嬉しい効果が期待できます。

セルフケアやエステサロンでのピーリングは医療行為ではないため、アプローチできるのは角質層までです。

それも過度に古い細胞を溶かす力はないため、あくまでもトラブルの予防やメイクノリアップといった役割に留まるでしょう。

2.専門家によるカウンセリングと施術

美容医療でのピーリングは、施術前にしっかりとカウンセリングが行われます。

医師がカウンセリングを行う場合もあれば看護師が行うところもありますが、いずれも専門家による詳しい説明が行われることは間違いありません。

施術に対する不安なことや疑問などは、全てしっかりと解消した上で臨めるでしょう。

また、施術に関しても有資格者が行うため、肌の構造や施術のリスクなどを踏まえたハイクオリティな施術が受けられます。

万が一の際も医師が常駐しているため、すぐに対応できるのがメリットといえるでしょう。

3.厳格な衛生管理

美容クリニックで使われる機器は全て厳格に管理されています。

一人ひとり異なる機器を使い、施術後は消毒や滅菌が行われるため、いつ来院しても安心して施術を受けられるでしょう。

もちろん使用する薬品も厳重に管理されており、使用期限や品質などを常にチェックして運用されています。

関連記事:【専門医解説】ポテンツァとは? 効果・ダウンタイム・値段などについて徹底解説

ピーリングならセレクトクリニックにご相談ください

セレクトクリニックでは、「マッサージピール」「ミックスピール」「サリチル酸ピール」の3種類に対応しております。

マッサージピール

マッサージピールには美白効果の高いコウジ酸配合のピーリング剤を使用します。

真皮層まで薬剤が浸透することで線維芽細胞の増殖因子を活性化させ、強力なコラーゲン増生と美白作用が期待できます。

何といっても即効性の高さが魅力であり、施術直後から効果を実感していただけるのが最大のメリットです。

従来のピーリングと比較して刺激が少なく、赤みや皮むけが起こりにくいのが特徴であり、痛みやダウンタイムもほとんどありません。

ミックスピール

ミックスピールはその名の通り、天然の30%乳酸・グリコール酸・サリチル酸を組み合わせて使うピーリング方法です。

使われている薬剤は純国産であり、安心して施術を受けていただけます。

赤みやかゆみ・皮むけといった症状が出にくいため、忙しい方や人前に出る仕事に就いている方にもおすすめです。

サリチル酸ピール

サリチル酸ピールは、角質軟化作用・角質溶解作用・コラーゲンの生成促進と3つのはたらきを担うピーリング方法です。

これにより頑固なニキビ痕や毛穴の目立ちを改善しやすく、短期間で効果が出やすいのもポイントです。

これらの施術をどう行うかは、無料のカウンセリングで詳しくご相談させていただきます。

予約はWEBやLINE・お電話などから可能なため、ぜひお時間のあるときにお申込みください。

まとめ

毛穴に皮脂が詰まっていたり、皮脂が酸化して黒ずんでいたりとさまざまな悩みに対応できるピーリング。

中でもさまざまな種類があるため、カウンセリングでしっかりと医師に相談し、自分に合うものを選ぶことが大切です。

また、セルフケアやエステサロンでのピーリングは効果を十分に得られないだけでなく、新たなトラブルを招く危険性があります。

肌トラブルの改善を目指す方は、必ず医療機関でのピーリングをご検討ください。

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.

×