表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

お顔の脂肪注入における治療の特徴や副作用、ダウンタイムとは

顔 脂肪注入の施術とは?

脂肪注入は、ご自身から吸引した脂肪を、顔のへこみやくぼみへ注入することでふっくらとしたボリュームを与えるエイジング治療です。
老け顔の象徴とも言えるシワやたるみの根本の原因は肌の衰えではありません。

実は、脂肪の減少こそが本当の原因です。 年を重ねるごとに顔の脂肪は少しずつ減少していきます。顔の脂肪量が減少することで、内側の支えを失った肌はハリを保つことができず、シワやたるみといった老化症状となって現れます。

どんなお悩みを持った人が施術を受けているのか?

  • 効果を長く実感したい方
  • 失敗によるリスクが心配な方
  • 自然な仕上がりを求める方
  • 顔を切る手術はしたくない方
  • 何度も注入をくり返したくない方
  • ヒアルロン酸などの異物に抵抗がある方

 

「顔 脂肪注入」の特徴

脂肪注入は、おでこ、目の周り、口元、鼻、頬などの顔全般に有効です。
ヒアルロン酸などの人工物を注入する手術と比較して、アレルギーなど拒否反応のリスクが少なく、触感・見た目ともごく自然な仕上がりが期待できます。
また、脂肪に不純物が含まれていると脂肪細胞が壊死し、しこりとなるリスクが高くなりますが、コンデンスリッチファットなどの不純物を排除した良質な脂肪を使用することで、しこりのリスクを抑え、定着率を高めることが可能です。一度定着した脂肪はそのまま自己組織となる為、ヒアルロン酸のように吸収されることはなく長期間の効果が実感できます。
さらに、脂肪が減少していた箇所に脂肪注入することで肌にハリが生まれるため、アンチエイジング治療としても有効な施術です。

 

コンデンスリッチフェイス(CRFフェイス)とは

コンデンスリッチフェイスは、CRF協会(日本医療脂肪幹細胞研究会)から正式な許可を受けて提供している顔の脂肪注入。
採取した脂肪を加重遠心分離にかけ、老化細胞や死活細胞といった不純物を取り除いた脂肪(CRF:コンデンスリッチファット)を作成。施術時には、これを顔に注入(注射)します。
額やこめかみのくぼみ、頬のコケなどに、加齢によって失われたボリュームを脂肪で補います。

脂肪注入(コンデンスリッチ)について詳しく

 

治療の流れ

治療の流れは以下の通りです。

【1】カウンセリング
ホームページまたは電話にて、カウンセリングの予約をします。カウンセリング日程が確定したら当日にご来院ください。希望や悩み・不安なことなど、何でも相談しましょう。カウンセリング後、スタッフが悩みにもっとも即した提案をいたします。

【2】デザイン・マーキング
カウンセリングの内容をもとに、医師による診察を行います。施術内容が決定したらデザインを決め、術前にマーキングをします。

【3】麻酔・手術
施術の際は局所麻酔に加え笑気麻酔を使用します。希望によって静脈麻酔の併用が可能です。注入するための脂肪を吸引し、遠心分離器にかけ作成したCRF(コンデンスリッチファット)を、ふっくらさせたい部位へと注入します。

【4】縫合
脂肪を採取した部分について、必要な場合は縫合します。

 

副作用やダウンタイム

・注入は注射針で行うため、傷あとが残ることがほとんどありませんが、針穴にしばらく赤みが残ることがあります。
・脂肪採取部(カニューレ挿入部または切開部)には多少傷あとが残ります。
・注入後に脂肪が硬くしこりのようになることがありますが、通常は一時的で、時間の経過とともに自然に柔らかくなっていきます。
・表面の凸凹:注入は細心の注意を払って行いますが、多少凸凹が生じることがあります。通常は時間の経過とともに馴染んでいきますが、状況によっては脂肪の追加注入をおすすめすることがあります。この場合には原則として別途費用がかかります。
・感染(化膿):注入部位に感染が起こった場合、脂肪の生着率は著しく低下します。
・血腫:注入にはやや太い注射針を使用するため、血管に当たって出血が起こることがあります。
・腫瘤形成(脂肪壊死):注入した脂肪のうち、血流が行き渡らなくて生き残らなかったにも関わらず、完全に吸収もされないまま、液化した脂肪が溜まる袋のようなものが形成されることがあります。この現象は特に1箇所に多量の注入を行った場合に生じやすく、炎症を起こす原因となり得ます。状況によってはこれを取り除く手術が必要となることがあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。

注意事項

  • 1週間程度、脂肪吸引をした針穴に肌色の小さなテープを貼って過ごしていただきます。
  • 脂肪吸引をした部分の圧迫固定を行います。固定は24時間で外れます。
  • 妊娠または授乳中の方、内服治療中の方はお受けいただけない場合があります。

料金

施術 料金
抽出加工料 200,000円(税込220,000円)
額(おでこ) 250,000円(税込275,000円)
こめかみ 150,000円(税込165,000円)
150,000円(税込165,000円)
ゴルゴライン 100,000円(税込110,000円)
ほうれい線 100,000円(税込110,000円)
こめかみ ¥150,000円(税込165,000円)
口唇 180,000円(税込198,000円)
唇上 90,000円(税込99,000円)
唇下 90,000円(税込99,000円)
口角 80,000円(税込88,000円)
100,000円(税込110,000円)
目の上 100,000円(税込110,000円)
目の下 100,000円(税込110,000円)
コールマン式 30,000円(税込33,000円)
+ナノリッチ 100,000円(税込110,000円)

 

よくある質問

よくある質問

注入した脂肪はどれくらい定着しますか?

注入部位や年齢にもよりますが、最大50〜80%程度が定着します。完全に定着するのにおおよそ3か月程度はかかります。(個人差が御座います)

どこから脂肪を採るのでしょうか。

主に太ももあたりから脂肪を採取致します。

注入したCRFの重みで、注入部位が下垂してしまうことはありますか?

人間である以上老化とともに皮膚は多少垂れてきますが、注入したCRFの重みで余計に垂れるということはありません。寧ろ肌が張って逆にたるみが改善します。

翌日から仕事復帰は可能でしょうか? 見た目と痛みが気になります?

注入する量と部位にもよりますが、ほとんどの方が翌日か術後2日目にはお仕事に復帰されています。見た目は多少内出血がありますが、お化粧やマスクでカバーできる程度です。また痛みに関しても、筋肉痛のような痛みがありますが、処方する薬でコントロールが可能な範囲です。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.