MENU

【セレクトクリニック】上まぶたのたるみや腫れが気になる方は眉下切開!

ぱっちりとした大きな目元には誰もが憧れますよね。

しかし、年齢を重ねると上まぶたのたるみや腫れぼったさが目立つようになることがあります。

若い頃は気にならなかった目元のたるみに悩まれている方には「眉下切開」という手術法がおすすめです。

この記事では、眉下切開の特徴やメリット・デメリット、施術の流れなどについて解説していきます。

上まぶたをすっきりさせたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

眉下切開とは

まぶたは加齢とともに垂れ下がりやすい部分です。

まぶたの下がりは視野を狭くするため、持ち上げようと目つきが悪くなったり、おでこにシワができやすくなったりとデメリットの多い症状と言えます。

 

そこで、まぶたの余分な皮膚を切り取ることで、たるみを改善に導くのが「眉下切開」です。

別名、アイリフト手術やブロウリフト手術とも呼ばれるように、眉下を切ることでまぶたのリフトアップを目指します。

まぶたの線には触れずに行う皮膚切除術のため、比較的目の印象を変えずに余剰皮膚だけを取り除くことができるメリットがあります。

「眉下切開」は、加齢による老け顔の解消はもちろん、目元の印象をすっきりさせたいという方にもおすすめの目元リフトアップ術です。

 

眉下切開のメリットデメリット

続いて、眉下切開に伴うメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

メリット

眉下切開には以下のようなメリットがあります。

【目元の手術の中ではダウンタイムが少ない】

眉下切開は、眉毛の下を切開するため比較的目元の腫れが少なく、他の目元の手術と比べてダウンタイムが少ないという特徴があります。

 

【崩れた二重のラインを広くできる】

上まぶたのたるみによって、若い頃より二重の幅が狭くなったと悩んでいる人は多いです。眉下切開はこうした症状を改善し、以前のような二重のラインに戻すことが可能です。

 

【自然なたるみ解消が可能】

まぶた周辺の手術は、場合によっては目元の印象を大きく変えてしまう可能性があります。眉下切開なら本来の目の印象を変えることなく、気になるたるみだけを解消することができます。

 

【額のシワを改善】

まぶたのたるみを取り除くことで視野が広がるため、おでこに力を入れて目を開けるクセが解消されます。こうしたクセがなくなることで、額のシワが目立たなくなる効果が期待できます。

 

【腫れぼったいまぶたの改善】

まぶたの腫れぼったさが気になるという場合は、上眼瞼皮膚切除と同時にまぶたの脂肪を除去することも可能です。ただし適正がございますのでカウンセリング時に医師に確認してください。

 

【肩こりの解消】

目に余計な力が入ることも肩こりの要因のひとつです。眉下切開によって視野が広がり、目やおでこに力を入れる必要がなくなると、肩こりや首の痛み、頭痛などが改善される場合があります。

 

デメリット

眉下切開のデメリットは以下の通りです。

メリットやデメリットは医師の技量によるところが大きいため一概にはいえません。

このような可能性がある、という認識を持っておくことが重要です。

 

【傷跡が目立つ可能性がある】

眉下という顔の中でも目立つ部位を切開・縫合を行うため、医師の腕によっては目立つ傷跡が残ってしまうことがあります。

 

【眉毛が下がる】

眉下切開は手術の特性上、どうしても多少は眉毛の位置が下がります。

そのため、手術前より目と眉の位置が近づき、人によっては顔の印象が変わってしまうこともあります。

 

【左右差が出る】

人間の顔にはもともと左右差が存在します。

左右で皮膚のたるみ具合も異なるため、眉下切開後に多少の左右差が生じてしまう場合があります。

 

【二重のラインが浅くなる可能性】

眉下切開は弛んだ皮膚を取り除くため、上まぶたの皮膚がリフトアップされます。

それゆえに、もともとの二重のラインから多少浅くなってしまう可能性があります。

 

【化膿や感染の危険性】

眉下切開に限ったことではありませんが、切開や縫合の過程でまれに化膿や感染症が起こることがあります。

 

セレクトクリニックの眉下切開について

当院で行っている眉下切開の特徴についてご紹介します。

 

施術方法

眉下切開は、眉の生えているすぐ下のラインを切開して余っている皮膚を取り除きます。

タルミ切除の後は、傷が目立たないようにするため眉の近くで縫合していきます。

 

施術の流れ

施術の流れは以下の通りです。

 

【1.診察】

施術前にじっくりとカウンセリングを行います。

患者様のご希望を伺った上で、一人ひとりの症状やお顔の特徴に合わせた治療方法をご提案いたします。

もしも疑問点や不安がございましたら、遠慮なくお申し出ください。

 

【2.施術】

局所麻酔後、眉下切開の施術を行っていきます。

しっかり麻酔をかけてから治療を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。

手術は約1時間程度で終わります。

 

【3.終了、帰宅】

しばらく赤みや腫れが残るので、しばらくの間は医師からの注意事項にそって生活してください。

 

【4.抜糸】

術後1週間後に抜糸を行います。

抜糸2日後よりメイクが可能です。

 

おすすめの人

眉下切開がおすすめなのは以下のような人です。

  • 上まぶたのたるみを改善したい
  • 腫れの少ない施術でまぶたのたるみを解消したい
  • 厚ぼったいまぶたを改善したい
  • 若い頃より二重の幅が狭くなった

 

術後の経過と注意事項

術後は1~2週間程度腫れが続きます。

皮下出血や血腫の症状が出ることもありますが、ほとんどの場合時間経過とともに消失していきます。

その他にも

  • 感染
  • 疼痛
  • 左右の差
  • ケロイド
  • 肥厚性瘢痕

 

などの合併症がでる可能性もあります。

こうした症状には、その都度適切な治療・投薬を行います。

また、術後経過はあくまで一般的なものであり、個人差があるという点には注意しましょう。

 

価格

眉下切開にかかる料金は以下の通りです。

施術名 価格
眉下切開 300,000円

※税抜価格

 

よくある質問

眉下切開に関する、よくある質問にお答えしていきます。

 

眉下切開の傷跡はどのくらいでわからなくなりますか?

抜糸後しばらくは赤みが残ります。

また、完全に手術跡が消えることはありません。しかし、眉下部の生え際という目立たない部分を切開するため、時間経過とともに傷跡はほとんどわからなくなります。

 

どんな人が眉下切開に適していますか?

上まぶたのたるみが気になる方、まぶたに脂肪が多く厚みのある方に向いています。

ただし、適正があるので一概にはいいきれません。カウンセリング時に患者様に合った治療方針をご提案致します。

 

たるみ改善と二重手術もしたいのですがどうすればいいですか?

眉下切開と埋没法を行うことで、たるみ改善と二重を叶える方法と、二重切開によってたるみ改善と二重形成を同時に行う2パターンがあります。

その方の脂肪の付き方やたるみの程度によって適する治療法が違うため、事前のカウンセリングにて適している方をご提案させていただきます。

 

痛みは強いですか?

局所麻酔後に切開を行うため、手術中の痛みはありません。

また、麻酔用注射針も極細のものを使用するため、こちらもわずかな痛みです。

痛みに関して不安がある方は、カウンセリング時にご相談ください。

 

手術前は食事を取らない方がいいでしょうか?

局所麻酔で手術をする場合、手術前の食事制限は特にございません。

オプションで笑気麻酔などを付ける場合は、当日の食事を控えて頂いております。

麻酔の種類によって注意事項が異なりますので、ご予約時にご相談ください。

 

まとめ

上まぶたのたるみは老け見えの原因にもなるため、なんとか解消したいと思っている方も多いと思います。

眉下切開なら、少ないダウンタイムですっきりとした目元を叶えることが可能です。

また、腫れぼったいまぶたや、加齢によって二重のラインが狭くなってきた症状にも対応できるので、目元のコンプレックスを解消したい人にとってメリットの大きい治療法です。

当院は、経験豊富な医師がその方の顔立ちや骨格、脂肪量に応じて最適な治療プランをご提案しております。

カウンセリングは無料ですので、まぶたのたるみに悩まれている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.