表参道の美容整形・美容皮膚科ならセレクトクリニックにご相談ください

MENU

【シミ治療〜タトゥ除去】今話題のピコレーザーとは?効果や値段も紹介!

シミ治療やタトゥー除去の新しい治療法として最近注目されているのが、ピコレーザーです。

では、従来のレーザーとピコレーザーはなにが違うのでしょうか。

この記事では、ピコレーザーの効果や施術後のダウンタイム、治療回数について詳しくご紹介しながら、従来のレーザーとの違いについて解説していきます。

 

ピコレーザーとは?

ピコレーザーは、シミやタトゥーなど肌に沈着した色素への効果が期待できるレーザー治療です。

これまでのシミ・タトゥー除去レーザーはナノ秒(10億分の1秒)のスピードで照射していましたが、ピコレーザーは「ピコ秒(1秒の1兆分の1)」で照射し、従来のレーザーよりも早くキレイに仕上げることができます。

また、従来のレーザーは、メラニンに熱を発生させて壊すものでしたが、ピコレーザーは熱作用ではなく、衝撃波によって色素を砕くので、痛み色素沈着などのダウンタイムが軽減されました。

また、ピコレーザーには、いくつかのモードがありシミだけでなく毛穴やニキビ跡、小じわ、タトゥー除去などさまざまな肌悩みに対応することが可能です。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

毛穴・ニキビ跡・小じわなど:ピコフラクショナル照射

毛穴やニキビ跡、小じわ対策として効果が期待できるのが「ピコフラクショナル照射」です。このモードではフラクショナルハンドピースを使い肌表面に200ミクロンのドット(点々)を形成し、肌の修復過程でコラーゲン産生を促し皮膚を生まれわからせる効果が期待できます。

また、FOCUSレンズを使用することによってピコトーニングより深くに届き、更に効果を高めることができます。

FOCUS照射は従来のフラクショナルレーザーと比較しても、ダウンタイムが少なく表皮へのダメージを最小限に抑えることが可能になったため、非常に満足度が高い施術です。

 

シミ・肝斑など:ピコトーニング照射

シミや肝斑治療用には「ピコトーニング照射」があります。弱い出力のピコレーザーを照射することで、細胞にはほとんど刺激を与えず、肌の奥に潜むメラニン色素を破壊することができます。シミ取りや肝斑の改善だけでなく、肌のくすみや色ムラをなくし、肌のトーンを明るくすることも可能です。

ターンオーバーの乱れを解消し、肌質改善への効果も期待できます。

 

部分的なシミ:ピコスポット照射

部分的に目立つシミや従来のレーザー治療では取り切れなかったシミへの効果が期待できるのが「ピコスポット照射」です。

これまでのナノレーザーは熱作用によって色素を破壊していたため、炎症後色素沈着が起こるリスクがありました。しかしピコレーザーは、熱ではなく衝撃波でメラニン色素を破砕します。

そのため、炎症後色素沈着が抑えられ、治療箇所のテープ保護も不要なので施術後のケアがとても簡単になりました。

 

刺青・タトゥー除去

複数回に分けての施術が必要な刺青・タトゥーの除去ですが、ピコレーザーの登場により、施術回数がこれまでの約半分まで短縮できるようになりました。

また、これまではタトゥーの色ごとにレーザーを変える必要がありましたが、ピコレーザーは波長を使い分けることができるため、黒や茶だけでなく、青や黄色、赤など、多色のタトゥーに対応することができます。

従来では対応できなかった小さなインクの粒子にも対応可能なので、これまでの治療では除去しきれず、まだらに残ってしまったという方にもおすすめの治療法です。

 

当院が使用している「ピコシュア」について

ピコレーザーには、実は多くの種類の機器があります。

当院では「ピコシュア」という機器を使用しています。

ここでは「ピコシュア」が持つ性能とその機能について、より詳しくご紹介します。

 

従来機器に比べ痛みが少ない

治療の中でも患者様をもっとも不安にさせるのが痛みです。

「ピコシュア」では、従来のマシンに比べ、痛みが大幅に軽減されています。

これは照射スピードの短縮によるものです。

従来のレーザーはナノ秒(10億分の1秒)で照射してましたが、ピコレーザーは「ピコ秒(1秒の1兆分の1)」もの速さで照射していきます。照射スピードが早い分、熱の発生が少なく痛みも軽減されているのです。

もっとも痛みの感じ方には個人差があります。痛みに弱い方は施術前に医師やカウンセラーに相談しましょう。

 

FDAの許可を取得

「ピコシュア」はアメリカFDAの許可を取得しているマシンです。FDAとはFood and Drug Administrationの略で、日本の厚生労働省に当たるアメリカの政府機関です。通常「アメリカ食品医薬品局」と訳され、食品や薬品を中心とした製品の認可を取り扱っています。

ピコレーザーを使用したマシンは複数ありますが、その中でも「ピコシュア」は「しみ」「しわ」「ニキビ跡」「刺青除去」の全ジャンルにおいて有効性が認められています。

安全性はもとより、幅広いジャンルでの治療効果の高さが公的に認められているマシンが「ピコシュア」なのです。

 

施術後のテープ保護が不要

従来のレーザー治療では、照射直後にテープを貼って保護する必要がありましたが、「ピコシュア」による施術の場合、こうしたメンテナンスは必要ありません。

ピコシュアは、メラニン色素を瞬時に破砕できるため、患部にかさぶたができるリスクが少ないのです。

軟膏を塗るだけなので、従来の治療と比べ、術後ケアのストレスも軽減されました。

※タトゥー除去の場合はテープやガーゼが必要となります。

 

ピコフラクショナル照射でもダウンタイムが少ない

「ピコシュア」は、ピコフラクショナル照射でもダウンタイムが少ないといった特徴があります。

フラクショナルレーザーとは、皮膚の表面に微細な穴を複数開け、皮膚再生を促す美肌再生治療のことを指します。

フラクショナルレーザーは効果が高い反面、照射後は皮膚の皮むけや炎症後色素沈着などが起こり、1週間程度のダウンタイムが必要でした。

しかし、「ピコシュア」の場合、熱発生がほとんどがないため肌表面へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

ダウンタイムも24時間と短く、お化粧も当日から可能です。

 

施術回数が少ない

従来のマシンでは、長期にわたって複数回の施術が必要でした。

ピコレーザーではより高性能の機能が備わったため、従来のレーザーより治療回数を大幅に減らすことが可能になりました。

お肌状態など個人差もありますので、必要回数が気になる方は医師による無料カウンセリング時にご相談ください。

 

ピコレーザーの値段の相場は?

 

優れた効果が期待できるピコレーザーですが、治療費用はどのくらいかかるのでしょうか。

当院のピコレーザーの値段をご紹介します。

 

当院の価格

【ピコレーザートーニング】

「シミ・そばかすが気になる」「美白したい」方におすすめ

部位 回数 金額
1回 14,800円 (税込 16,280円)
両手甲 1回 7,800円 (税込 8,580円)
1回 9,800円 (税込10,780円)
デコルテ 1回 24,800円 (税込 27,280円)
背中・ブラライン 1回 29,800円 (税込32,780円)
口唇 全顔セット価格 1回 4,000円 (税込 4,400円)
(瞼)※医師施術 1回 20,000円 (税込 22,000円)
(瞼 全顔セット価格)※医師施術 1回 10,000円 (税込 11,000円)

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

 

【ピコフラクショナル】

「毛穴の開きが目立つ」「小じわが気になる」方におすすめ

部位 回数 金額
1回 39,800円 (税込 43,780円)
5回 150,000円 (税込 165,000円)
鼻 ※全顔とのセットのみ 1回 10,000円 (税込 11,000円)
鼻・鼻回り ※全顔とのセットのみ 1回 15,000円 (税込 16,500円)
鼻・頬 ※全顔とのセットのみ 1回 25,000円 (税込27,500円)
両手甲 1回 19,800円 (税込21,780円)
1回 29,800円 (税込 32,780円)
デコルテ 1回 49,800円 (税込54,780円)
背中・ブラライン 1回 59,800円 (税込65,780円)
ピコダブル
(ピコトーニング+ピコフラクショナル)
1回 54,600円 (税込60,060円)
ピコダブル
(ピコトーニング+ピコフラクショナル)
5回 200,000円 (税込 220,000円)

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

 

【ピコスポット】

「気になるシミをとりたい」方におすすめ

部位 金額
ピコスポット 1mm 2,500円 (税込 2,750円)
ピコスポット 全顔 98,000円 (税込 107,800円)
ピコスポット 肩全体 198,000円(税込 217,800円)

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

 

【タトゥー除去】

対象範囲 価格
1~5㎠未満 22,800円 (税込25,080円)
5~10㎠未満 33,000円 (税込36,300円)
10~30㎠未満 42,000円 (税込46,200円)
30~50㎠未満  49,200円 (税込54,120円)
50~100㎠未満 55,200円 (税込60,720円)
100~150㎠未満 60,000円 (税込66,000円)
150~250㎠未満 74,400円 (税込81,840円)
250~300㎠未満 87,600円 (税込96,360円)
300~350㎠未満 99,600円 (税込109,560円)
350~400㎠未満 110,400円 (税込121,400円)
400~450㎠未満 120,000円 (税込132,000円)
450㎠〜 ご相談ください

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。

 

 

よくある質問

治療前には必ず医師から詳しい説明を受けるようにしましょう。

わからないことや不安なことがあれば、あらかじめ質問して納得した上で治療を受けることが大切です。

ここではピコレーザーについて、実際によく頂く質問をご紹介します。

 

レーザー治療後はいつからメイク可能ですか?

施術後、メイクができる時期は治療によって異なります。

「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」は施術当日からメイクができます。「ピコスポット」は翌日からメイクが可能です。

 

タトゥー除去後の腫れや赤みはありますか?

タトゥー除去の施術後、数日間は白っぽくなったり、赤みがかった色になったり、肌が変色することがあります。

また、数日間水疱や点状出血がでる可能性があります。治療後は患部への刺激を避け、軟膏を必ず塗るようにしてください。

 

タトゥー除去した後の肌はどのようになりますか?

照射した部位は、色や手触りに若干の違いを感じますが、目立たない程度にまで治療することは可能です。

ただ、タトゥーを入れた時点で肌はダメージを受けています。除去治療を行ってもタトゥー以前の肌の状態に完全に戻すことは難しいでしょう。

 

シミ治療のダウンタイムや痛みが心配です

従来のナノレーザーと比べて、ピコレーザーによるシミ治療は、ダウンタイムや痛みが大幅に軽減されています。

ただし、個人差がありますので痛みや治療後の経過に不安がある方は、無料カウンセリング等でご相談ください。

 

まとめ

シミ治療やタトゥー除去に高い効果が期待できるピコレーザー。

従来の治療法と比べ、痛みやダウンタイムが大幅に軽減され、これまで以上にストレスの少ない治療を受けることができるようになりました。

多くの美容皮膚科や美容クリニックが導入しているピコレーザーですが、当院で使用しているマシン「ピコシュア」は、アメリカの政府機関FDAに認可を受けており、その有効性は公的に認められています。

これまでの治療で思ったような効果が得られなかったという方も、ぜひ一度ピコレーザーでの治療を検討してみてくださいね。

 

 

© SELECT CLINIC, All Rights Reserved.

×